最強スピンガットを徹底比較

最強スピンガットを徹底比較

  • tennis365
  • 更新日:2021/06/10
No image

■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS) : 画像提供 ウインザー商事

■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。 ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。 テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。

プリンスとウインザーでコラボしたストリング「ハイブリッドスピンXX」が発売されました。

このストリングの開発には、色々な組み合わせを試したと聞いています。

ターゲットは、中高生やベテランプレーヤーで、ナイロンストリングが1ヶ月持たなくなってきた学生や、ポリエステルに変えたら、腕が痛くなってしまったベテランに向けて開発しました。

ポリエステルはプリンスの中で最も柔らかいツアーXXスピンを採用し、ナイロンはモノマルチのハリアースピードを採用しました。

一般的にハイブリッドに使われているナイロンはマルチフィラメントが多いので、耐久性が低く、学生さんには向いていません。

ハイブリッドXXスピンに採用したモノマルチのハリアーパワーはナイロンの中では、耐久性が高く、ストリングの表面をツルツルコーティングにしてスナップバック効果が高く、ポリエステルとの相性も抜群です。

基本の設定は縦ポリエステル、横ナイロンになっていますが、逆の縦ナイロン、横ポリエステルも可能です。

縦ポリ、横ポリどちらがどうなのか、トラックマンを使ってプリンススタッフがテストしたので、まずは動画をご覧ください。

【プリンス】硬式ガット打ち比べ!スピン量をトラックマンで測ってみた!前編

>>【プリンス】硬式ガット打ち比べ!スピン量をトラックマンで測ってみた!前編<<

前編の動画を見た段階で、ギーク的に宮田テスターのスピンがかかる順位を予想しました。

1位ツアーXXスピン

2位ハリアーレスポンス

3位横ポリハイブリッド

4位縦ポリハイブリッド

5位XT18

6位エンブレムタッチSF

宮田テスターの自身による予測は、次のようになります。

1位縦ポリハイブリッド

2位ツアーXXスピン

3位ハリアーレスポンス

4位エンブレムタッチSF

5位横ポリ

6位ツアーXT18

結果を言ってしまうと、ひとつしか当たっていません。

自分の打った感覚と実際の飛んでいるボールは一致しないことがよくあるのです。

また、大友テスターの順位も予想しました。(前編を見ても、大友さんがテストすることは分かりませんでした。まさか監督の関口さんがテスターになっているとはこの時はまだ知りませんでした)

大友テスターの順位予想は、回転数3000位出るだろうから、ポリエステルが上位にくることと、ボールが潰れることでよりスピンがかかるとみて、縦ポリが横ポリより上にくると予想しました。

1位ツアーXXスピン

2位ハリアーレスポンス

3位縦ポリハイブリッド

4位横ポリハイブリッド

5位ツアーXT18

6位エンブレムタッチSF

【プリンス】硬式ガット打ち比べ!スピン量をトラックマンで測ってみた!後編

>>【プリンス】硬式ガット打ち比べ!スピン量をトラックマンで測ってみた!後編<<

後編の動画を見ての結果は次の通りです。

宮田テスターの結果

1位ハリアーレスポンス

2位ツアーXXスピン

3位横ポリハイブリッド

4位縦ポリハイブリッド

5位ツアーXT18

6位エンブレムタッチSF

大友テスターの結果

1位ツアーXXスピン

2位エンブレムタッチSF

3位ハリアーレスポンス

4位横ポリハイブリッド

5位縦ポリハイブリッド

6位ツアーXT18

関口テスターの結果

1位ハリアーレスポンス

2位ツアーXXスピン

3位横ポリハイブリッド

4位縦ポリハイブリッド

5位エンブレムタッチSF

6位ツアーXT18

宮田テスターの結果は、自分の予想がほぼ当たっていました。1位と2位が逆なだけでした。

大友テスターの予想は大外れでした。1位のツアーXXスピンと回転数3000(実際は2964)は当たりましたが、2位のエンブレムタッチSFはまったくの予想外でした。

関口テスターの結果は、宮田テスターと5位6位が入れ替わるだけで、後はまったく同じでした。宮田、関口両テスターはボールスピード、スピンレイトが近かったため(宮田テスター:スピード125km、スピン1630、関口テスター:スピード124km、スピン2000)結果もほぼ同じになったのではないでしょうか。

ポリエステルは材質が硬く表面がツルツルのためスナップバックの効果を発揮し、ナイロンに比べスピン性能が向上しますが、打球感が硬く、非力な方や、ジュニアプレーヤーには向いていませんが、ハードヒッターにはおすすめです。

ナイロンは、ポリエステルより反発性があり、打球感がソフトなため、女性やジュニアを含めオールラウンドなストリングで一般の方におすすめです。

ポリエステルとナイロンのいいところを合わせ持つストリングがハイブリッドです。

ポリエステルの硬さをナイロンが和らげてくれて、ナイロンだとすぐ切れてしまう方でも、縦にポリエステルを持ってくれば耐久性も向上します。

今回の3人のテスターだけなので、絶対とは言えませんが、3人とも横ポリの方が、縦ポリより、スピン回転、ボールスピードが上回りました。耐久性を気にしない方は、横ポリがおすすめです。

現在、ツアーXXハイブリッドスピンのお試しキャンペーンを行ってますので、一度使ってみて下さい。

>>ハイブリッドスピンXX 詳細はこちら<<

[PR]全仏オープンテニス5/30(日)~6/13(日)WOWOWで連日生中継!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加