ナダル 1次リーグ2位で準決勝へ 日東電工ATPファイナル

ナダル 1次リーグ2位で準決勝へ 日東電工ATPファイナル

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

男子テニスの年間成績上位者で争われるツアー最終戦の日東電工ATPファイナル第5日は19日にロンドンで行われ、ラファエル・ナダル(スペイン)がステファノス・シチパス(ギリシャ)を6―4、4―6、6―2で下し、2勝1敗の1次リーグ2位で準決勝に進んだ。

No image

ステファン・シチパスを下し、1次リーグ2位で準決勝に進んだラファエル・ナダル(AP)

既に突破を決めていたドミニク・ティエム(オーストリア)はアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に敗れたが、首位を守った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加