楽天カードの5つメリットと2つデメリット、基本スペックを確認しながら徹底解説

楽天カードの5つメリットと2つデメリット、基本スペックを確認しながら徹底解説

  • LIMO
  • 更新日:2022/05/14
No image

コロナ禍で注目が集まり、普及が進んだキャッシュレス。

現金に直接触れることを懸念してキャッシュレスを導入したという方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードも古くからあるキャッシュレスの一つです。

今回は楽天カードマンのCMでお馴染みの楽天カードに焦点をあて、メリットやデメリットを紹介していきます。

少しでも参考になれば幸いです。

【注目記事】つみたてNISAやiDeCo「はじめる前に気付いておけば良かったこと」4選

1. 楽天カードの基本スペック

まずは楽天カードの基本スペックを簡単に確認しておきましょう。

年会費:永年無料

国際ブランド:VISA、Mastercard、JCB、American Express

ポイント還元率:1〜3%

貯まるポイント:楽天ポイント

追加カード、ETCカード、家族カード

付帯保険:海外旅行

電子マネー:楽天Edy

スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

楽天カードのメリット・デメリットとは

2. 楽天カードのメリット

それでは早速、楽天カードのメリットを紹介していきます。

楽天カードのメリットは以下のとおりです。

メリット1「年会費無料かつ選べる国際ブランドが豊富」

メリット2「高還元率、1〜3%の還元」

メリット3「電子マネー楽天Edyに対応」

メリット4「スマホ決済も豊富に対応」

メリット5「提携店が多くポイントが貯めやすい」

順番に紹介していきます。

2.1 メリット1「年会費無料かつ選べる国際ブランドが豊富」

最初のメリットは年会費が無料であるということです。

クレジットカードは年会費を気にしたくないという方も多いのではないでしょうか。

楽天カードが年会費が無料となっており、初年度無料などの条件付きもなく永年無料です。

年会費が無料で使えるのは嬉しい点ですね。

それに加えて選べる国際ブランドが豊富です。

VISA

Mastercard

JCB

American Express

4種類の国際ブランドから選ぶことができます。

好みの国際ブランドを選びましょう。

2.2 メリット2「高還元率、1〜3%の還元」

続いて還元率です。

楽天カードの還元率は基本100円につき1ポイント貯まるため、1%となっています。

200円につき1ポイント貯まるクレジットカードが多数存在することを考えると還元率は高い部類に入るのではないでしょうか。

また、楽天市場での利用では3%の還元があります。

日頃から楽天市場を利用している方にとっては嬉しい点です。

楽天市場の利用頻度が高い人ほど、効率よくポイントを貯めることができると言えます。

2.3 メリット3「電子マネー楽天Edyに対応」

メリットは年会費や還元率だけではありません。

機能面でもメリットがあり、楽天カードは楽天Edyに対応しています。

日頃から楽天Edyを利用している方はもちろんメリットがあります。

楽天Edyに楽天カード使ってチャージすれば、200円につき1ポイント貯まるためお得です。

楽天カードは楽天Edyとも相性のいいクレジットカードと言えます。

2.4 メリット4「スマホ決済も豊富に対応」

キャッシュレスの中でも便利に活用できるのがスマホ決済です。

楽天カードはスマホ決済にも豊富に対応しているクレジットカードです。

Apple Pay

Google Pay

楽天ペイ

お手持ちのスマホに登録して利用できるので、便利に活用できるクレジットカードと言えます。

2.5 メリット5「提携店が多くポイントが貯めやすい」

最後のメリットは提携店が多く、ポイントが貯めやすいという点です。

提携店はコンビニやレストラン、ガソリンスタンドなど街中にあります。

提携店は専用のアプリなどで確認ができ、生活圏内のどこでポイントを貯めることができるかを確認することができます。

ポイントを貯めるチャンスが多いことも楽天カードのメリットと言えるでしょう。

3. 楽天カードのデメリット

ここからはちょっと違った視点で、楽天カードのデメリットを紹介していきます。

楽天カードのデメリットは以下のとおりです。

デメリット1「公共料金などの還元率は0.2%と低い」

デメリット2「期間限定ポイントの有効期限が短い」

順番に紹介していきます。

3.1 デメリット1「公共料金などの還元率は0.2%と低い」

メリットで楽天カードの基本の還元率は1%とお伝えしました。

ただし、全てのカード利用に関して1%というわけではありません。

公共料金などは0.2%と低い還元率になっています。

3.2 デメリット2「期間限定ポイントの有効期限が短い」

楽天ポイントには2種類のポイントがあります。

通常ポイント

期間限定ポイント

このうち、期間限定ポイントには有効期限が定められており、期間も比較的短いのが特徴です。

期間限定ポイントを持っている場合には早めに活用することをおすすめします。

4. まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。

今回は楽天カードに着目してメリットとデメリットを紹介しました。

楽天カードは年会費が無料で、楽天市場でもそれ以外でも還元率の高いカードになっているため、ポイ活に便利なクレジットカードです。

少しでも参考になれば幸いです。

No image

参考資料

【公式】楽天カード

藤原 悠喜

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加