「恒心教」スパイのように監視した 自身も炎上の男性、警視庁に連絡

「恒心教」スパイのように監視した 自身も炎上の男性、警視庁に連絡

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2023/09/19
No image

"爆破予告ファクスが送りつけられた東京音楽大学=2023年8月23日午後4時8分、東京都目黒区、三井新撮影"

大学に爆破予告ファクスを送ったとして「恒心教」を称する男2人が威力業務妨害容疑などで逮捕・起訴された事件で、うち1人が19日、弁護士を脅迫する内容のファクスを送った疑いで警視庁に再逮捕された。

大量脅迫ファクス事件の経緯

事件について警視庁に情報提供したという男性が朝日新聞の取材に応じ、「私もネットで誹謗(ひぼう)中傷の被害を受けたことがあり、許せなかった」と話した。

男性は匿名で報じることを条件に取材に応じた。男性は仕事の傍ら、2010年代半ばから「恒心教」に関連するツイッター(現X)のアカウントをフォローし、犯罪行為の形跡がないか監視していたという。

今年1月、爆破予告ファクスに関するやりとりをしている二つのアカウントを見つけた。うち一つの投稿をたどると、他人の家の敷地に入ったり、映像作品を違法にアップロードしたりしたことをほのめかしていた。

男性はこのアカウントや投稿に関する情報を集めた。「恒心教」コミュニティーで目立たないように。「スパイ活動」のようだったと振り返る。

3月になり、警視庁捜査1課に連絡した。「すぐに話が聞きたい」と折り返しがあり、集めた記録を提供した。

捜査関係者によると、男性が突き止めた二つのアカウントは、無職の大熊翔容疑者(26)=威力業務妨害罪で起訴=と、東京農工大大学院生の佐藤直被告(22)=威力業務妨害罪などで起訴=がそれぞれ使っていたものだった。警視庁は投稿を参考に、防犯カメラ映像の解析などから、他人の家の敷地内に侵入したとして佐藤被告を邸宅侵入容疑で6月に逮捕した。

爆破予告ファクス事件では送信に匿名化システムが使われ、捜査の難航が予想された。ある捜査幹部は「男性からの情報提供が大きかったのは間違いない」と振り返る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加