1歳児“エアガン虐待死” 父親に懲役16年求刑 検察「極めて悪質で残虐」 福岡地裁

1歳児“エアガン虐待死” 父親に懲役16年求刑 検察「極めて悪質で残虐」 福岡地裁

  • テレビ西日本
  • 更新日:2023/01/25
No image

常慶雅則被告

福岡県田川市で起きた1歳男児エアガン虐待死事件の裁判員裁判。

傷害と保護責任者遺棄致死の罪に問われている父親に対し、検察側は懲役16年を求刑しました。

No image

常慶雅則被告と妻・藍受刑者

起訴状によりますと、福岡県田川市の常慶雅則(じょうけい・まさのり)被告(27)は2018年、自宅で三男・唯雅(ゆいが)ちゃん(当時1)をエアガンで何度も撃ちケガをさせたほか、妻の藍(あい)受刑者(27)と共謀し、重度の低栄養状態だった唯雅ちゃんに適切な治療を受けさせず肺炎で死亡させたとされています。

唯雅ちゃんは当時、体脂肪がほとんどなく極度に痩せていました。

さらに全身にはエアガンで撃たれた痕(円形の創傷)が合計71カ所あり、両手両足や肋骨は23本、あわせて31カ所も折れていました。

この事件で、保護責任者遺棄致死の罪に問われた藍受刑者には、去年3月、懲役8年の判決が言い渡されています。

これまで福岡地裁で開かれた裁判で、雅則被告は起訴内容について「違います」と全面否認していました。

No image

亡くなった唯雅ちゃん

20日に行われた弁護側の被告人質問では、雅則被告は自宅から押収されたエアガンや唯雅ちゃんのケガ、低栄養状態などについて問われたものの、すべての質問に対し25回以上に渡って「お話ししません」だけを繰り返すに終始しました。

No image

25日の廷内(福岡地裁)

25日の論告求刑公判で、検察側は「苦しむ被害者に救いの手を差し伸べず放置したのは極めて悪質で残虐であり、被害者が感じた身体的、精神的苦痛は大きく痛ましい」などとして雅則被告に懲役16年を求刑しました。

一方、弁護側は「証明に足る証拠がない」として無罪を主張しました。

判決は2月9日に言い渡される予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加