沸騰する「#ちむどんどん反省会」批判かイジメか

沸騰する「#ちむどんどん反省会」批判かイジメか

  • 東洋経済オンライン
  • 更新日:2022/08/06
No image

それだけ注目されている証とも言えますが…(東洋経済オンライン編集部撮影)

「#ちむどんどん反省会」というハッシュタグを知っていますか。これは朝ドラ「ちむどんどん」(NHK)の放送後に書き込まれるツイートであり、「あさイチ」で博多華丸・大吉と鈴木菜穂子アナが行っている“朝ドラ受け”の一般人版のようなもの。しかし、その中身はほとんどが厳しいものであり、なかには誹謗中傷に近いところまでエスカレートしたツイートも少なくありません。

もちろん、まっとうな批判の声もありますし、それは今後のドラマ制作における貴重な意見になりうるものでしょう。しかし、実際は「批判を超えて個人攻撃が目立つ」という状況であり、朝ドラは平日週5日放送(土曜は総集編)されていることから、その様子は学校や職場でのイジメに近いムードを感じさせます。

では、どこまでが“批判”で、どこからが“イジメ”なのか。書き手の1人として自戒の意味も込めながら、その境界線を掘り下げていきます。

そのツイートに悪意ありきなのか

まず“批判”と“イジメ”のおおまかな定義をあげておきましょう。

“批判”とは字の通り、「批評して判断する」こと。一方の“イジメ”は、「人に苦痛を与える行為で、一方的かつ悪意のある」もの。さらに“イジメ”は、学校や職場などのコミュニティがあるところで起きやすく、その意味でネットコミュニティのツイッターはイジメが起きやすい場所という背景があります。

次に「#ちむどんどん反省会」に書かれたイジメの疑いがあるものをあげていきましょう。真っ先に「これは批判ではなくイジメ」とみなされかねないのは、主演の黒島結菜さんと脚本家の羽原大介さんに関するツイート。

「朝ドラヒロインってこんなに頭おかしかったっけ」
「暢子は、ウチの料理を食べれば皆ウチの事が好きになるさぁとでも思っているのか? ノラ犬じゃあるまいし」
「何にでも首を突っ込み、口止めされても周りに言いふらす暢子。気持ち悪いヒロイン」
「黒島結菜さんはとことん役作りをしない人だな」
「わかった 暢子の中の人、コメディ要素のある演技ができないんだ」
「もう黒島結菜が無理になってきた」
「黒島結菜のやっつけ感ハンパないのが画面越しに伝わってきて二重にキツイ(中略)…このヘタクソが。やると決めたなら最後までしっかりやれや」

「どんだけ脚本崩壊してるんだ」「脚本家と演出家は重罪」
「作劇が小学生の漫画家ごっこレベル」
「やっぱ、この脚本家、感覚おかしいって 氷魚君、仕事選びや」
「これを美談として書いてる脚本家って怖いんだけど」
「品のない脚本家は品のないストーリー展開が大好きだな」
「個人的には脚本といい演出といい、これほど雑なつくりのドラマは昨今珍しいとさえ思う」
「羽原大介ほんと何があった」

多くの人々が個人に向かって厳しい言葉をぶつけている様子がわかるのではないでしょうか。また、個人を特定できないものでも、誹謗中傷とみなされかねないツイートも多数存在します。

「今日も安定のクソドラマ」「こんなの放映して恥ずかしくないの?」
「今までの朝ドラで一番つまらない。朝から不快になるドラマ」
「中学生がやる交換小説とかリレーマンガか!?」
「こんなにも朝から気分悪くなる朝ドラを根気よく見てるの偉いと思う笑笑」
「ありえないレベルで酷いでしょ!?ドラマ見てて怒りが湧くって、普通は出てくるヤな奴に対してだよ。このドラマは、作ってる奴らに心底腹が立つ」
「脚本家が、暢子にもっともっと愛情を持って描いて、制作陣もスタッフも一生懸命育ててくれたら、離脱なんかしなくて済んだのになあ。出演者に対しても沖縄に対しても料理に対しても、愛が無いのよ。ウケ狙いも全部駄々滑り。反省会やるべきはあなたがた」

これらのツイートを見てどう感じたでしょうか。ここではごく一部をあげたのみであり、実際にはこれら以上の厳しい言葉が使われたツイートが少なくありません。「もし自分が黒島さんや羽原さんの立場だったら……」と考えたら、あなたは耐えられるでしょうか。

「反省させてやる」のごう慢さ

そもそも「#ちむどんどん反省会」の“反省”というフレーズは、「われわれが教えてやるから反省しろ」「見てやっているんだからいいだろ」という、ごう慢さが表れたもの。ツイートしている人々ではなく、俳優やスタッフに反省させるためのものです。まるで自分が正義と決めつけたような「反省させてやる」という発想がイジメの加害者そのものではないでしょうか。

黒島結菜さん演じる暢子を「ちむ子」、宮沢氷魚さん演じる和彦のことを「カス彦」、片岡鶴太郎さん演じる三郎のことを「ヨガ太郎」とバカにしたような呼び方の人が多いことも、そんなごう慢さを象徴していますし、この一方的なあだ名も学校や職場のイジメとよく似ています。そんなごう慢さが前提の場で、健全な批判が行われないのは当然でしょう。

「#ちむどんどん反省会」を書き込んでいる人の中には、「これは見たあとのモヤモヤを解消するためのものだ」と正当性を主張する声もありますが、だからと言って「あれほど酷い言葉をぶつけていい」という理由にはなりません。

俳優もスタッフも生身の人間であり、自分の仕事をここまで言われて傷つかない人はいないでしょう。「自業自得だ」「自己責任だろう」などと主張する人もいますが、現在の状況はそのレベルを超えてしまった感があるのです。

ぶつけられたほうは、なかなか抜け出せない

不満をぶつけてスカッとしたから、「翌日には何を書いたのかすらはっきり覚えていない」という人も多いのではないでしょうか。しかし、それをぶつけられたほうは、厳しい言葉が心に突き刺さった状態からなかなか抜け出せません。さらにつらい状態のまま、毎日多くの人々から厳しい言葉をぶつけられ続けたら、心を病んでしまってもおかしくないのです。

俳優もスタッフも、当然ながら「ちむどんどん」だけで食べていけるほどの収入を得ているわけではなく、今後多くの仕事をしていくでしょう。だからこそ「ちむどんどん」終了後も続くようなダメージを与える言葉はやりすぎであり、健全な批判とも思えないのです。

このようなコラムを書くことで「言論の自由だ」「言葉狩りするな」と反論する人や、「自分も批判的なことを書いているくせに」と私に矛先を向けて怒る人もいるでしょう。しかし、現在の状況は、長年人々の悩み相談に乗ってきたコンサルタントとしての経験から見ても、かなり危機的なところまで進んでいます。

昨年から今年にかけて何人かの俳優たちが命を落としました。また、あまり報じられていませんが、作り手の中にも「人々の声で心を病んでしまった」というケースをいくつか聞いています。いずれもその真相まではわからないものの、俳優やスタッフが絶望に追い込まれ、最悪のケースさえ頭をよぎるケースがあるのは間違いありません。

「#ちむどんどんする」にも注目を

もちろん「#ちむどんどん反省会」にツイートしている人々はそれを望んでいるわけではないでしょう。だからこそ厳しい言葉を書き込みそうになったときは、「自分のツイートが命を失うきっかけの1つになってしまわないか」と自分に問いかけてみてほしいのです。

それともう1つ提案しておきたいのは、同じハッシュタグでも「#ちむどんどんする」のほうに注目すること。こちらはあくまでフラットな目線でつぶやかれているものであり、なかには「みんなで朝ドラを楽しもう」という前向きな人も少なくありません。

たとえば、4日放送の第84話後、「今日もまた、『何もできなくても、います』と言ってくれる暢子に #ちむどんどんする。具体的な何かができる訳ではない人でも、連帯する意思を表明する事はできるし、それはないよりあった方が絶対良い。やはり、『当事者以外に出来る事』を考えて貰いたい作品なんだなぁ」というツイートがありました。

これは暢子が1人でヤクザに立ち向かおうとするオーナー・房子(原田美枝子)に、「ウチも来ます。何もできなくてもいます。いさせてください」と名乗り出たハートフルなセリフを受けたものですが、こういういいシーンがあり、それに気づいて共有しようという人もいるのです。

「#ちむどんどんする」には、その他にもフラットな目線からのツイートがそろうものの、「#ちむどんどん反省会」よりかなり少なく、存在感は薄め。もちろん「どんな作品でも楽しまければいけない」というわけではありませんが、フラットな目線の「#ちむどんどんする」より、悪意前提の「#ちむどんどん反省会」のほうが圧倒的に盛り上がる現在の状況は不健全に見えます。

やはり人は「さまざまな意見がある」という前提でこそ厳しい声を素直に受け止めやすいものではないでしょうか。

負の感情を持った1日のスタート

これを書いている私自身、『ちむどんどん』に思い入れがあるわけではありませんが、それでも「#ちむどんどん反省会」のツイートを見ているうちに、どんどん暗い気持ちになっていきました。悪意前提で書かれたものは、ただ見ているだけでも精神的なダメージを負ってしまうものなのです。

「これも楽しみ方のひとつ」「朝ドラの新しい見方」という人もいますが、それを毎日している人の心が穏やかなはずはなく、とりわけ朝にツイートしている人は精神衛生上いいものとは言えないでしょう。それは「誰かに厳しい声をぶつける」という負の感情を持って1日をはじめることになってしまうからです。

一方で「ちむどんどん」の関連記事を報じるネットメディアにも意識の変化が必要。多くのネットメディアがページビューを取りやすい毒のある記事を書くために「#ちむどんどん反省会」をフィーチャーしていますが、はたしてそれでいいのでしょうか。批判の域を超えて人を傷つけることの後押しをするような報じ方は、そろそろやめたほうがいい気がするのです。

書き手の1人である私自身、自分ではフラットな目線で書いたつもりでも、「これは悪意がある」とみなされてしまうこともあるでしょう。だからこそ、謙虚に反省しつつ、俳優やスタッフの顔を思い浮かべながら書くことで、イジメの状態を生まないように気をつけていきたいと思っています。

(木村 隆志:コラムニスト、人間関係コンサルタント、テレビ解説者)

木村 隆志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加