菅田将暉、役作りでの減量への持論語る「カメラの前に立つのが怖い」

菅田将暉、役作りでの減量への持論語る「カメラの前に立つのが怖い」

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/01/12

【モデルプレス=2021/01/12】俳優の菅田将暉が11日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週月曜深夜1時~)に出演。役作りでの減量について持論を明かした。

No image

(写真 : 菅田将暉(C)モデルプレス)

【写真】菅田将暉へ米津玄師が送った“ラブレター”が話題「鳥肌が立った」「感動しました」の声

◆菅田将暉、役作りでの減量は「凄いっていうか業務」

あらゆるエンタメ情報を募集しているコーナー「月曜エンタメアカデミー」に「スパイダーマンシリーズで知られるトム・ホランドが、1月に禁酒を誓うも12時間で断念」という情報が寄せられると、菅田は「12時間飲まないってことが無いの?」と驚いた様子を見せ「まあ、俺もやるやる続けるって言って続かん人やからな、特にSNSは。続くものと続かんもの何なんやろうな」と切り出した。

「役で食事制限とかちょくちょくしたりするわけですよ。よく取材とかで『よくそんな我慢できますね』とか『私だったら絶対無理です』とかインタビュアーさん言うんですけど」と明かし「これは普通に会社に勤めてますっていう人が、書類の締め切りとか守りますよね?それと一緒で。普通に仕事やから」と減量への考え方を語った菅田。

また「カメラの前に立つのが怖いから、やらんと」と笑うと「自分の意志だけじゃないから。俺も普通に仕事と関係なく痩せようやったら、俺も出来てるとは思わんから。凄いっていうか業務なんだよね」と減量を“業務”と捉えていることを明かした。

◆菅田将暉の減量への考えに反響続々

ファンからは「考え方すらかっこいい」「減量と書類レベルが違う」「業務だとしてもあんなに痩せられない」など多くの声が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加