約15万人が参加のオンラインスポーツイベント 「オクトーバー・ラン&ウォーク 2021」自治体総合1位は福井県美浜町

約15万人が参加のオンラインスポーツイベント 「オクトーバー・ラン&ウォーク 2021」自治体総合1位は福井県美浜町

  • OVO
  • 更新日:2021/11/25
No image

コロナ禍で、大勢が集うスポーツイベントは中止が続いたり、さまざまな制限下で開催されたりしてきた。そんな中、約15万人が参加するスポーツイベントが、“スポーツの秋”の 10 月1日から31日の 1カ月間、開催された。自分で決めた歩数と走行距離の達成を目指す一般財団法人アールビーズスポーツ財団(東京)主催の「オクトーバー・ラン&ウォーク 2021」だ。スマホアプリを利用し、随時更新される全国ランキングや達成距離に応じて配布されるクーポンを励みに、ウォーキング部門(9万840人)・ランニング部門(5万8,216人)合わせて全国から 14 万 9,056 人が参加。昨年の1.8倍の参加者で盛り上がった。

ウォーキング、ランニングとも 40~50 代の参加が 6 割以上。ウォーキングの平均値は 1日当たり 6,080 歩。1日平均1万歩以上歩いた人も全体の17%いた。ランニングの平均値は月間 137.3km。月間 100km 以上走った人が全体の約 5 割という結果だった。個人表彰は1 位のみ実施。ウォーキングの部1位は、大阪府堺市の71歳の男性で、2,750,912 歩(1 日平均88,739歩)。ランニングの部1位は神戸市の53歳の男性で、走行距離1951.08kmだった。

No image

また、参加自治体(都道府県または市区町村)が住民の平均歩数や平均走行距離でランキングを競うランキング全国自治体対抗戦も実施。ウォーキング・ランニングともに、①全国都道府県対抗ランキング、②全国市区町村対抗ランキング、③都道府県内市区町村対抗ランキングの 3 種類で行った。全国自治体対抗戦には345自治体(15 道県・330 市区町村)が参加。全体数として昨年の 137(2 道県、135 市区町村) から約2.5倍に増えた。

No image

「全国自治体対抗戦」の総合1位は福井県美浜町。総合表彰は、ウォーキングの部、ランニングの部それぞれの自治体人口によりクラス分けし、都道府県対抗・市区町村対抗それぞれの①参加住民の平均歩数・距離、②参加住民全員の累計歩数・距離、③住民人口あたりの参加率の計 6 部門のランキングをポイント化し、集計した。美浜町は住民人口の 3.43%に当たる313 人がウォーキングの部に参加。平均累計歩数は18 万 114 歩/月だった(1日当たりの平均歩数は 5,810 歩)。また、同町はランニングの部でも平均走行距離が 163km/月と高い数字を記録した。大会公式サイトでも結果を公開している。

美浜町教育委員会事務局の大同浩子さんは「できるだけ多くの町民に参加してもらおうと PR 活動に力を入れました。生活習慣病対策や健康増進は以前からのテーマ。このイベントは町民にとっても身体を動かす良いきっかけになったと思います。もちろん、町長や役場の職員たちも参加し、毎日ランキングを楽しみにしていました」とのコメントを寄せた。

アール―ビーズスポーツ財団は、「スポーツの実践を通じて、健康で心豊かな人生を送る人々を応援する」を企業理念とするアールビーズ(東京)を中心に2010 年に設立。市民参加型スポーツイベントの主催や市民ランニング指導者育成などに取り組んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加