ロンブー田村淳、ガーシー暴露本に反論も疑問の声が噴出「半グレに金払ったらダメなのでは?」

ロンブー田村淳、ガーシー暴露本に反論も疑問の声が噴出「半グレに金払ったらダメなのでは?」

  • Newʼs vision
  • 更新日:2022/08/06
No image

YouTube:アーシーchより

お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳(48)が4日、YouTubeチャンネル『アーシーch』で生配信を行なった。そのなかで淳は先日発売されたガーシーの著書『死なばもろとも』(幻冬舎)で暴露された「関東連合系の女性と関係を持ったことで拉致された後、吉本興業が示談金を支払った」という衝撃的な事件について反論した。

淳は生配信で「おおむね事実なんですけど、ディテールが違う」と言及。同書で書かれている内容で事実と違うことについてはガーシーに反論すると伝えたことを明かした。このことについてガーシーは編集者が脚色していると説明したとし、淳は「脚色されたらたまったものじゃないよ」と憤りを滲ませていた。

こうした淳の生配信に対し、ネット上からは「おおむね事実だったらいいのでは。間違いを指摘したとして何ら印象は変わらん」「示談金払ったってそれ相応の事しなければそんなことにならないんじゃない?」「半グレに金払ったらダメなのでは?」「全部本気にしないで下さいね。嘘も混ざってますよと言って真偽をあやふやにする戦術」「事実なんかい!」など、淳の反論に対して疑問を投げかける声が多く飛び交っていた。

この日の生配信では淳が主張する“ディテールの違う部分”については「事実の中に違うことが入ってくるので、僕としては反論しづらい。どの部分が違うんだと、わざわざ掘り下げることも違うなと思ったので言わないです」と具体的な指摘は避けていた。

EDITORS VISION

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加