ダルビッシュ、6回1失点の好投も今季初勝利ならず「粘り強く投げることができた」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/04/07

(米大リーグ、パドレス3-1ジャイアンツ、6日=日本時間7日、サンディエゴ)パドレスのダルビッシュ有投手(34)が今季2度目の先発に臨んだ。6回3安打1失点、1四球、7三振、89球で直球の最速は95マイル(約153キロ)だった。1-1の同点での降板だったため、自身の勝敗はつかなかった。

「全体的に(状態が)いいわけではなかったけど、粘り強く投げることができた」

三回先頭のクロフォードに「(ストライクを)取りにいった真っすぐ」という真ん中付近の93マイル(約150キロ)を右越えに1号ソロを浴びたが、最少失点で6イニングを投げた。得意のカットボールを多投し、72-78マイル(約116-125キロ)のスローカーブで緩急をつけた。本塁打の以外の安打は、五回に単打2本。6イニング中、3度の三者凡退と安定感があった。

「6回1失点でチームも勝ったし、少しホッとした」と表情を緩めたダルビッシュ。次回は12日(同13日)、敵地ピッツバーグでのパイレーツ戦の先発が見込まれる。3度目の先発で自身の今季初白星をつかみたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加