天理の初戦は宮崎商に決定「自分たちは守備から」

天理の初戦は宮崎商に決定「自分たちは守備から」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

天理・達孝太投手

<センバツ高校野球:組み合わせ抽選会>◇23日

25回目の出場となる天理(奈良)の初戦が、大会2日目(3月20日)の宮崎商に決まった。主将の内山陽斗外野手の(2年)は相手の印象に「強打で勝ち上がっているチーム。自分たちは守備からやっていきたい」と語り、1カ月に迫る聖地に向けて「冬の練習で個々にレベルアップしている。普段、天理を応援していただいている方に、喜んでいただける大会にしたい」と意気込んだ。

天理にはプロ注目で身長193センチのエース右腕、達(たつ)孝太投手(2年)、4番の瀬(せ)千皓外野手(2年)らがいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加