巨人・元木ヘッドコーチ ポランコのスタメン落ちは成績下降が理由 「休養ではない」

巨人・元木ヘッドコーチ ポランコのスタメン落ちは成績下降が理由 「休養ではない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/06/24
No image

巨人・グレゴリー・ポランコ

「巨人5-7DeNA」(23日、東京ドーム)

両軍計28安打が飛び交った乱打戦で力尽きた巨人。元木大介ヘッドコーチは9日・西武戦以来のスタメン落ちとなったポランコについて「調子が上がってないから落ちている。休養ではない」と語った。

ポランコは2点差に迫った八回無死一塁から代打で登場するも、左飛に倒れた。

5月は9打数連続安打を放つなど、月間打率・318の好成績を残したが、6月はここまで打率・173、0本塁打、3打点と本来の力を出し切れていない。復調が待たれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加