伊藤沙莉の完成度が高すぎた? ドラマ版『映像研には手を出すな!』の不運

伊藤沙莉の完成度が高すぎた? ドラマ版『映像研には手を出すな!』の不運

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/06/08

女優・伊藤沙莉が、放送批評懇談会が選定する第57回ギャラクシー賞・個人賞を受賞した。これは、アニメ『映像研には手を出すな!』、ドラマ『これは経費で落ちません!』『ペンション・恋は桃色』『全裸監督』、ETV特集『反骨の考古学者ROKUJI』など、多岐にわたる作品での演技・活躍ぶりが評価されてのもの。
 子役出身でキャリアも長く、実績・評価共に申し分ない彼女だが、その目覚ましい活躍の陰で、不運にも割を

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加