ジョン・レジェンド、死産を経験した妻のために熱唱。パワフルな歌声で世界中の涙を誘う

ジョン・レジェンド、死産を経験した妻のために熱唱。パワフルな歌声で世界中の涙を誘う

  • SPUR
  • 更新日:2020/10/17

2020年10月14日(現地時間)に開催された「ビルボード・ミュージック・アワード」のステージに、ジョン・レジェンド(41)が登場。先月末に死産を経験した妻、クリッシー・テイゲン(34)に捧げたパフォーマンスが、多くの人の涙を誘った。

No image

Photo:Getty Images

ジョンが披露した曲は、今年6月19日(現地時間)にリリースされた新アルバム『ビガー・ラヴ』の収録曲である『ネヴァー・ブレイク』。

『ビガー・ラヴ』は、新型コロナウイルスの感染拡大により世界中が苦境に陥っているなか、人々に「少しでも元気を出してほしい」という思いで制作されたアルバム。『ネヴァー・ブレイク』については「これを書いたのは2019年だが、今、より深い意味を持つ曲となった。どんな困難にも屈せず、希望を持ち続けてほしい」というメッセージを込めたと説明している。

We wrote #NeverBreak in early 2019 & it feels even more meaningful today. It's about a commitment to staying hopeful, resilient and full of love despite the challenges the world may throw at us. Don't give up on fighting for what's right. Don't give up on love. #WeWillNeverBreak
— John Legend (@johnlegend)
June 22, 2020
from Twitter

しかし、この日のステージでジョンが『ネヴァー・ブレイク』を捧げた相手は世界でなく、妻のクリッシー。

9月末に、第3子を死産したことをインスタグラムで報告したクリッシー。病室で泣き崩れる姿や、ジョンと手を繋いで寄り添う写真とともに、「助けてあげられなくて、ごめんなさい」とメッセージを綴った。

それから約2週間後に迎えた、本ステージ。ジョンは「この曲をクリッシーに捧げます」と囁き、自らのピアノ演奏で曲を披露をした。

No image

We are shocked and in the kind of deep pain you only hear about, the kind of pain we’ve never felt before. We were never able to stop the bleeding and give our baby the fluids he needed, despite bags and bags of blood transfusions. It just wasn’t enough. . . We never decide on our babies’ names until the last possible moment after they’re born, just before we leave the hospital. But we, for some reason, had started to call this little guy in my belly Jack. So he will always be Jack to us. Jack worked so hard to be a part of our little family, and he will be, forever. . . To our Jack - I’m so sorry that the first few moments of your life were met with so many complications, that we couldn’t give you the home you needed to survive. We will always love you. . . Thank you to everyone who has been sending us positive energy, thoughts and prayers. We feel all of your love and truly appreciate you. . . We are so grateful for the life we have, for our wonderful babies Luna and Miles, for all the amazing things we’ve been able to experience. But everyday can’t be full of sunshine. On this darkest of days, we will grieve, we will cry our eyes out. But we will hug and love each other harder and get through it.
chrissy teigen (@chrissyteigen)がシェアした投稿
2020年 9月月30日午後8時58分PDT
from Instagram

この投稿をInstagramで見る

感動のパフォーマンスを受け、司会を務めたケリー・クラークソン(38)は、「私たちの心は、辛い時期を過ごすふたりのためにあります。あなたの才能と光をシェアしてくれてありがとう」とコメント。

No image

Photo:Getty Images

多くの人の心に響き、涙を誘った、ジョンのパフォーマンス。美しくパワフルな歌声のプレゼントを受け、クリッシーが一刻も早く笑顔を取り戻せることを願うばかり。

>>クリッシー・テイゲン、豪華に大改造したキッズルームをお披露目! 第3子妊娠のハッピーなニュースも

>>「さよなら、おっぱい」。クリッシー・テイゲン、愛娘の手紙とともに豊胸インプラントを除去したと報告

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加