DeNA康晃 今季実戦初登板 最速146キロで中日2軍を1回零封「まだ成長段階」

DeNA康晃 今季実戦初登板 最速146キロで中日2軍を1回零封「まだ成長段階」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/24

◇2軍練習試合 DeNA3―7中日(2021年2月22日 読谷)

No image

今季対外試合初登板し、中日2軍相手に1回無失点だったDeNA・山崎

2軍調整中のDeNA・山崎が、中日2軍との練習試合で実戦に初登板した。8回に登板し、1回1安打無失点、1奪三振。「球質も良かった。球速がバロメーターではないし、今後は打者に(球が)刺さる感覚を養いたい」と話した。

先頭の石橋にこの日最速146キロの直球を左前に運ばれ、続く土田の打席に暴投して無死三塁。しかし土田を空振り三振、渡辺、山下を二ゴロに抑えた。

昨年7月末に守護神を三嶋に明け渡した右腕は、昨季まで投じることの少なかったカットボールも披露。視察した三浦監督は「はい上がってもらいたい」と期待を寄せ、山崎も「まだ成長段階。ハマスタでしっかりとした姿をファンに見せたい」と前を向いた。(大木 穂高)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加