レアル退団のベイル、新天地は英2部? カーディフ会長と代理人が接触

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/06/23

【写真:Getty Images】

レアル・マドリードを退団したFWガレス・ベイルが、カーディフ・シティに加入するかもしれない。英『BBC』が22日に伝えている。

カーディフはウェールズのクラブで、イングランド・プロサッカーリーグに加盟している。近年では2018/19シーズンにプレミアリーグを戦ったが18位でシーズンを終えて降格。2021/22シーズンは2部で18位だった。

そんな2部のクラブにベイルがやってくるかもしれない。

『BBCウェールズ』は、カーディフのメフメット・ダルマン会長がベイルの代理人と接触したことを確認。ただ、話し合いはまだ初期の段階のようで、同代理人は「まだたくさんのクラブと交渉中だ」と話したそうだ。

2013年に当時の史上最高額でレアル・マドリードへ移籍したベイル。イングランド2部でのプレーは想像しにくいが、交渉は進むのだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加