Rolandから最新サンプラー『SP-404MKII』が発売決定!ベロシティ&USB-Cも対応

Rolandから最新サンプラー『SP-404MKII』が発売決定!ベロシティ&USB-Cも対応

  • Qetic
  • 更新日:2021/10/14
No image

ローランド株式会社から、ビートメイキング(ヒップホップなどの楽曲制作)やDJプレイのほか、さまざまな用途で使用されているサンプラーの最新モデル『SP-404MKII』を11月19日(金)に発売することを発表した。

Roland『SP-404MKII』が発売決定!

2005年に発売された『SP-404』は、ビートメイキングやライブ・パフォーマンスに便利なサンプラーとして高く評価されている。2009年発売の後継機種『SP-404SX』、海外専用モデル『SP-404A』を含めると、「SP-404シリーズ」はこれまでに10万台以上を販売するロングセラー製品だ。今回発売する『SP-404MKII』は、そんな人気シリーズの最新鋭機。長年にわたって好評の特長はそのままに、ユーザーの意見や要望をふまえて操作性や機能、内蔵のサウンドやエフェクトをブラッシュアップした最新モデルとなっている。ディスプレイには鮮やかな有機ELを採用。マルチカラーに光る操作パネル上のパッド(ボタン)は、押す強さを検知するベロシティ対応に。これにより、音の強弱を表現することも可能だ。

No image

また16GBの内部ストレージを備え、起動やデータ読み込み時間が短くなったことで、よりスムーズで素早い作業ができる。最大同時発音数は32と従来機種の倍以上に増加しているのも大きなポイントだ。電源は、従来のACアダプターや電池に加えて、モバイル・バッテリーをUSBケーブルで接続して駆動させることも可能に。遠征地などでも気軽に利用できるようになっている。

No image

『SP-404MKII』フロント・パネル

No image

『SP-404MKII』リア・パネル

No image

『SP-404MKII』サイド・パネル(右)

さらにエフェクト面においては、近年特に「SP-404シリーズ」が多用されている音楽ジャンルの「ローファイ・ヒップホップ」にマッチする新たなエフェクトが追加。また、ボーカルのサンプルを切り刻んで再構築することで特徴的なサウンドを作り出す「CHOP」をリアルタイムで行えるほか、サンプル編集機能が強化されている。マイクに加えてエレキ・ギターを直接接続できるようになり、ギターの音やフレーズを取り込んで加工したり、再構築することも可能だ。加えて外観のカスタマイズもより簡単に。操作パネルに貼る「オーバーレイシート」を作成できるテンプレートをWEBサイトからダウンロードできるほか、起動時にディスプレイに表示されるロゴを好みに合わせて変更したり、スクリーンセーバーのタイプを選ぶこともできる。ユーザー目線に立ったサービスに惹かれる方も多いはず。同時に専用エディター・アプリもリリースされる。こちらを利用すれば、『SP-404MKII』で制作した音楽をより高度に、そしてスムーズに編集することができる。大人気シリーズの最新鋭機にぜひご注目を。

No image
No image
No image

Roland SP-404MKII 究極のSPサンプラー

PRODUCT INFORMATION

サンプラー『SP-404MKII』

No image

発売日:2021年11月19日(金)

価格:オープン価格

初年度販売予定台数(国内/海外計):15,000台

●主な仕様

外形寸法:177.5(幅)×275.8(奥行)×70.5(高さ)mm

質量:1.1kg(ACアダプターを除く)

電源:ACアダプター、USBバス電源(USB Type-Cポート、1.5A以上)

単3形ニッケル水素電池×6本(別売)

単3形アルカリ乾電池×6本(別売)

電池での連続使用可能時間︓ニッケル水素電池=約3.5時間、アルカリ乾電池=約2.5時間

※電池の仕様や使用状態によって異なります。

詳細はこちら

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.

竹田賢治

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加