西武「逆転のロッテ」のお株奪った スパンジェンバーグが8回千金弾

西武「逆転のロッテ」のお株奪った スパンジェンバーグが8回千金弾

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

◆西武4-3ロッテ(15日、メットライフドーム)

西武が「逆転のロッテ」のお株を奪う逆転の白星を挙げて2連勝した。

9月に入って無双状態だった高橋光が2回に2点を献上。連続無失点イニングが「21」で止まり5回にも1点を奪われたが、7回3失点と先発の役割を果たして救援陣にバトンを託した。

援護したい打線は、前カードのソフトバンク戦でプロ初本塁打を放った高木が7回に2号ソロ。8回に金子の適時打で1点差と迫りロッテの投手が石川から代わった後、右内転筋の張りから3試合ぶりに復帰したスパンジェンバーグが逆転2ランを放った。スパンジェンバーグは前の3打席が無安打2三振だったが最後に結果を出して出場5試合連続安打をマーク。この間に3本塁打を放っている。

西武はこのカード10勝目(5敗)。リーグ最多22度の逆転勝ち、反対に逆転負けがリーグ最少の11度しかないロッテに競り勝った。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加