白石、勝ち越し新十両昇進へ「絶対上がろうと思って臨んだ」

白石、勝ち越し新十両昇進へ「絶対上がろうと思って臨んだ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇大相撲11月場所13日目(2020年11月20日 両国国技館)

No image

<11月場所13日目>貴源治(手前)をはたき込みで破る白石

西幕下2枚目の白石が十両の土俵で貴源治を破って勝ち越しを決め、新十両昇進が濃厚となった。

物言いがついたが、俵に乗った左足は残っており、行司軍配差し違えで勝ち名乗りを受け「うれしいですね」と感慨に浸った。玉ノ井部屋で新型コロナウイルスの集団感染が発生し、先場所は全休。特例で番付据え置きの救済措置を受け「チャンスをもらったので、絶対上がってやろうと思って臨んだ」と言葉に力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加