最強寒波の影響で車のトラブル相次ぐ 救助の現場を取材 秋田

最強寒波の影響で車のトラブル相次ぐ 救助の現場を取材 秋田

  • 秋田テレビ ニュース
  • 更新日:2023/01/25

24日からの強い寒波の影響で、1日で一気に雪道に変わったところも多い秋田県の秋田中央地域では25日、路面逸脱など車のトラブルが多発。救助の現場を取材した。

車やバイクの救援を行うJAF・日本自動車連盟。秋田県内では25日午後3時までに150回の出動があった。1日の出動回数としては例年の約3倍に上り、そのほとんどが秋田中央地域での出動だった。

JAF秋田支部・横山大樹さん:
「(Q.この時期の普通の日の何倍くらい)秋田市では4~5倍くらいかもしれない。(Q.休む暇もない)そうですね」

出動理由で多いのは、路面逸脱やタイヤの落ち込みなど。吹雪によるホワイトアウトで道幅が分からなくなることが主な原因とみられている。

ある現場では、車が坂道の途中でスリップし、滑落してタイヤの後輪が沿道に乗りあげてしまっていた。この車は約5時間、動けなくなったままだという。

救助作業は、縁石を乗り越えたタイヤを戻すとともに、さらなる滑落を防ぎながら車を少しずつけん引する。スリップから約6時間後、車は無事に坂道を抜けることができた。

JAF秋田支部・横山大樹さん:
「『この車で運転して入っていけるかな』と思ったら、急がば回れで 通らないで安全な道を行ってもらいたい。時間がかかっても安全なほうが良い。車に積んでおいた方が良いものは、やはりスコップ。砂もできれば積んだほうが良い。それに脱出用の板。万が一、立ち往生があってもいいような食料もあればいい。暖の取れるものも必要」

26日も冷え込みが強まることが予想される秋田県内。車の運転には十分な注意と準備が必要だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加