香取慎吾、“ダメ夫”役は「草なぎ剛がやったほうがいい」 “笑顔でいられる夫婦”への助言も

香取慎吾、“ダメ夫”役は「草なぎ剛がやったほうがいい」 “笑顔でいられる夫婦”への助言も

  • オトナンサー
  • 更新日:2022/09/23
No image

(左から)香取慎吾さん、市井昌秀監督(撮影:Saori Saito)

俳優の香取慎吾さんが、主演映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」(9月23日公開)で、ちょっと鈍感な”ダメ夫”の田村裕次郎を演じます。

【写真】なんだか楽しげ? 香取慎吾&市井昌秀監督アザーショット コミカルな ポーズも披露!

ストーリーは、裕次郎(香取さん)が、「旦那デスノート」という妻たちの恐ろしい本音が書き込まれたサイトを見つけたところ、書き込みの中に、自分のこととしか思えない内容を発見し、妻の日和(岸井ゆきのさん)と夫婦げんかになるという展開です。脚本は、市井昌秀監督が執筆しています。

オトナンサー編集部では、香取さんとメガホンを取った市井昌秀監督にインタビューを実施。役作りや感想、夫婦円満でいるためのアドバイスなどについて語りました。

大事なことは「笑顔」でいること

Q.男としても夫としてもダメなキャラクターをどう演じようと思いましたか。

香取さん(以下敬称略)「裕次郎はかっこ悪いんですよ。かっこ悪く演じるにしても、僕みたいにかっこいい人がやると、かっこよさが残るんですよね(笑)。かっこよさをなくす作業が面白かったです」

Q.市井監督は、そんな裕次郎を主人公にした脚本を書いたのですか。

市井監督(同)「単純に悪い人ではなく、愛情を忘れてしまった人。周りにいそうな普通の人を描きたかったんです」

Q.裕次郎みたいな人は身近にいますか。

香取「草なぎ剛ですね。今初めて思いましたが(笑)。しょっちゅう『何やってんの!』って言いたくなります。でも、満面の笑みで『え?』って言って、注意されたことにも気が付いてないんです。だから、つよぽん(草なぎさん)がやったほうがいいのかも(笑)」

Q.草なぎさんの方が合っていると香取さんは言っていますが……。

市井「全然考えていませんでした。ほぼ、当て書きです。慎吾さんがこれをやったら面白いなと思いながら、書いていました」

Q.裕次郎をどう思いましたか。

香取「本当にダメな男だなと思いました。人って言わなくても分かるではなく、言葉にするのが大事だなと思いました。僕は友達や恋人とはきちんと話します」

市井「僕が書いているので、裕次郎には相当、自分が反映されています。だから嫌いになれなくて(笑)」

Q.役作りでしたことはありますか。

香取「全体的にズラしていく感じでした。経験で、正解のセリフの順番やテンポが分かるので、それをズラしていました。セリフの言い合いだったら、この間(ま)で言いたいんだけど、飲み込んでから言うようにしました」

Q.裕次郎のことを「かっこ悪い」と仰ってましたが、香取さんなら、日和とけんかしないよう裕次郎にどんなアドバイスしますか。

香取「笑顔でいるのは大切ですよね。笑顔で生きていられたら楽しいけど、とても難しいです。鏡に向かって無理やり笑ってみると、何やってんだろうと思って笑えてきたりしますよね。人との付き合いも、笑顔でいるのが大事だと思います!」

オトナンサー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加