上田桃子と大里桃子、女子ゴルフ初の同名対決/過去のプレーオフメモ

上田桃子と大里桃子、女子ゴルフ初の同名対決/過去のプレーオフメモ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

プレーオフでくじ引きを終え歩き出す上田(左)と大里(右)(撮影・鈴木正人)

<国内女子ゴルフツアー:パナソニック・オープン>◇最終日◇2日◇千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)◇無観客開催

首位に2打差の2位から出た上田桃子(34=ZOZO)がプレーオフの末に自身通算16回目となる約2年ぶりの優勝を果たした。

この日は風速11メートルの強風の影響で出場60選手中、アンダーパーが3人のみというコンディションに。上田はノーバーディー、1ボギーでしのいで通算5アンダー、211でホールアウト。同スコアで大里桃子(22=伊藤園)と並びプレーオフに突入。“桃子対決”を制した。

◆女子ゴルフの同名プレーオフ 同姓同名対決は今までに例が無く、名前の漢字が同じ選手が戦うのも今回が初となった。名前の読み方が同じ例を挙げると、中野晶(あき)が、00年ツアー選手権で高村亜紀(あき)と高又順、同年日本女子プロ選手権で高村亜紀、小野香子、米山みどり、天沼知惠子と戦った例がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加