2年間連絡していなかったママ友にLINEをしたらそっけない返事が。どうしてそんなに冷たいの?

2年間連絡していなかったママ友にLINEをしたらそっけない返事が。どうしてそんなに冷たいの?

  • ママスタセレクト
  • 更新日:2021/09/15
No image

以前は仲良くしていたけれど、しばらく連絡を取っていないママ友はいませんか? そんな相手にふと思い立って連絡をしたり、何かのきっかけがあってLINEなどを送ることもありますよね。

『2年ほど前から疎遠になってしまったママ友。仲は良かったけれど、なんとなく会うきっかけがなくなって、今さら感もあったりでLINEもしていなかった。でももめたわけでもないから連絡してみようと思い立って、先日LINEをしました。うちの子がよく遊んでもらった上のお子さんが中学入学だったので、おめでとうも言いたくて。「久しぶり! 元気かな? もうお姉ちゃんも中学生だね、おめでとうございます。わが家も元気です。また以前のようにランチができるようになったらうれしいな」というような内容です。半日ほどして返信がきたのですが「はーい! ありがとうね!」にスタンプでした。もう関係は終わりかな』

ママスタコミュニティにこう投稿してくれたあるママは、2年ほど疎遠となっていたママ友にLINEを送ってみたそうです。けれどもこちらの思いとは裏腹にシンプルすぎる返事。熱量に差を感じてしまい、ショックだったもようです。

ママ友からのそっけない返事、どう感じる?

『うわ、辛い。冷たすぎるでしょ……』

『2年も間空いて学年も違うなら、そんなもんでしょ』

ママ友からの短い返事とスタンプだけの反応に関しては、少し冷たいのではないかとの意見も見られます。いくら時間が経っているとは言え、以前は仲良くしていたので、今の状況を話したり、お子さんの進学について触れるなど、もう少し詳しく返事をくれてもよかったかもしれませんね。一方で、2年も間があいたらそのくらいの対応になるのではという見方もあります。人によっては前触れなしに久しぶりの連絡がくると、どう返事をしていいのか戸惑ってしまうこともあるのではないでしょうか。

なぜそっけない返事だったのか

相手のママ友があえて距離を置いていた

『投稿者さんが知らない(気付いてない)疎遠の原因がある(あった)んだよ。なんとなく疎遠ではなくて、相手が意図した疎遠なんじゃない?』

『私も意図して疎遠にしたかったら、そんな返信かも』

投稿者さんとしては、特にトラブルなどもなく、自然に連絡を取らなくなったと認識しています。でも相手のママも同じかどうかはわからないという意見です。もし相手は意図的に連絡を絶っていたのであれば、投稿者さんからの突然のLINEに対し、多少なりとも警戒した可能性があるのかもしれません。

そもそもそれほど仲が良い関係ではなかったのでは?

『私、そのママ友の立場になったことがあるけれど 、もともと話が合わなくて無理に合わせていた感じ。会わなくなってしばらくして急に連絡がきて「会いたい」という内容だったけれど、やはり気が進まなくてそういうふうに返した』

『もともと合わないなと思ってたような返しだね。なんとなく疎遠になっていたのも、何か合わない部分があったからフェードアウトしたとか?』

四六時中一緒にいる学生時代の友人や職場の同僚とは違い、子どもを介して関係を築くママ友。相手の本音はなかなかはかりづらいものかもしれません。自分が仲が良いと思って付き合っていた間も、相手はそれほどでもないと感じているケースは少なくないのではないでしょうか。

何かの勧誘かなと疑ってしまうことも……

『久しぶりの連絡は勧誘だったり、進学などの探りだったりして良いことないもんね』

『急な連絡は何かの勧誘じゃないかと警戒してしまう』

しばらくぶりの相手から突然メッセージがくると、何か裏があるのではないかと疑ってしまうことも……。何かの勧誘などではないかと警戒してしまい、あえて返事をそっけなくしておくこともあるでしょう。裏を返せば「勧誘なら興味がないから連絡してこないでね」というメッセージかもしれません。

2年間でお互いに状況が変わっている、それをふまえて関係性を考えていこう

『投稿者さんのことが嫌いとかではなくて、ママ友は幼稚園や学校が終わるとそこで関係が終わると思うんだよね』

『2年疎遠で子どもが中学生なら、もうだいぶ状況は変わっているよ。あの頃のままではない』

連絡を取っていない2年間の間に、投稿者さんも相手のママ友も生活環境ががらりと変わっていることがほとんどなのではないでしょうか。互いに新しい環境に身を置けば、交流する相手も変わって不思議はありません。投稿者さんのママ友の場合には上のお子さんが中学校に入学したとのことですから、新しいママ友ができている可能性もあります。それまで付き合いがあったとしても、子どもの進学を機に連絡を取り合う理由がなくなり、自然とママ友関係が解消されたとしても、それはよくあること、深く思い悩むほどのことでもないのです。「そのような変化を受け入れてほしい」そういうメッセージが今回のLINEの返事には込められていたのかもしれません。相手のママ友の環境の変化を考えてみて、それを受け入れて付き合い方を見直すのも、ママ友関係では必要なことかもしれませんね。

文・こもも 編集・blackcat イラスト・カヲルーン

ママスタセレクト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加