レイズ・筒香 9回代打で右前打も追いつけず...3連勝から崖っ縁に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

◇ア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦 レイズ4-7アストロズ(2020年10月16日 サンディエゴ)

3連勝スタートから暗転し、レイズが崖っ縁に立たされた。3点ビハインドの9回1死から代打出場した筒香は、抑えの右腕プレスリーの95マイル(約153キロ)直球を右前打。しかし、次打者が併殺に倒れ試合が終了した。ケビン・キャッシュ監督は「望んだ結果ではなかった。フラストレーションがたまっている」と話した。

継投が裏目に出た。1―0の5回無死一、二塁からエース左腕スネルに代えてカスティーヨを投入。一挙4点を奪われた。スネルは「ピンチを切り抜けて長いイニングを投げる自信があった。(交代に)困惑し、驚いた」と不満を隠さず。17日(日本時間18日)は運命の第7戦。指揮官は「打者が得点し、先発を援護すると信じている」と期待を寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加