【桜花賞】小柄な馬にいい流れが来ている!?昨年は416キロのスマイルカナが3着

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/08

先週2重賞はダービー卿CTのテルツェットが418キロ、大阪杯のレイパパレが422キロといずれもメンバー中、最軽量馬が勝利。しかも大阪杯に関しては近年、大型馬が幅を利かせていただけに、これは小柄な馬にいい流れが来ている!?桜花賞の最軽量Vは72年アチーブスターで412キロ。過去10年では14年レッドリヴェールが418キロで2着、20年スマイルカナが416キロで3着に入っている。前走フラワーCが414キロのホウオウイクセルは記録更新の資格あり!ちなみにJRA最軽量V記録は19年9月28日、平場1勝クラスのメロディーレーンで338キロだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加