ヤマハ、レジャーライドや通勤を1台でこなせる電動クロスバイク

ヤマハ、レジャーライドや通勤を1台でこなせる電動クロスバイク

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/01/15
No image

ヤマハ発動機は1月13日、スポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」の新モデルとなる「CROSSCORE RC」を発表した。Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの3モデルに、ピュアパールホワイト、ミスティグリーン、フレイムオレンジの3色を用意。3月10日から発売し、価格は317,900円。

ヤマハ、オンロードもオフロードも快適な電動グラベルバイク

CROSSCORE RCは、通勤からレジャーライドまで1台で楽しみたいという人に向けた電動クロスバイク(電動アシスト自転車)。街中での走行で求められる性能を多数盛り込んでいる。たとえば、サスペンションフォークの「SR SUNTOUR NEX-E25」は路面のギャップを吸収し、タイヤには高いクッション性とグリップ性で舗装路での安定感が高い27.5×2.0のワイド&セミスリックタイヤを装着。油圧式ディスクブレーキ「SHIMANO BR-MT200」は軽い力でしっかり止まる。ディスクローター径は前180mm、後160mm。

ドライブユニットの「PWseries ST」は、YPJシリーズとしては初めての採用。スピード、ケイデンス、ペダリングトルク、角度という4つの情報をもとに、最適なアシストパワーに調整する。変速機は前1速・後9速の「SHIMANO ALIVIO」だ。500Wh(36V/13.1Ah)のバッテリーはフレーム内蔵タイプ。

アシストモードは、HIGH、STD、ECO、+ECO、Automatic Assistの5種類。「Automatic Assist」モードは、状況に応じてアシストパワーを自動調整する扱いやすいモード。走行距離はHIGHで85km、STDで101km、ECOで137km、+ECOで200km、Automatic Assistで96kmとなる。

バックライト付きで見やすいメーター(画面)からは、バッテリー残量、現在のアシストモード、速度、残りアシスト走行可能距離などを確認可能。また、バッテリー供給型のLEDランプと、サイドスタンドも標準で備える。

本体サイズは、Sサイズが全長1,750mm・サドル高780~955mm、Mサイズが全長1,760mm・サドル高835~1,010mm、Lサイズが全長1,780mm・サドル高895~1,065mm、全幅は590mmで共通。重さはSサイズが23.7kg、Mサイズが23.8kg、Lサイズが23.9kg。

リアクション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加