稲垣吾郎、初共演の二階堂ふみは「僕の“ミューズ”」

稲垣吾郎、初共演の二階堂ふみは「僕の“ミューズ”」

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/21
No image

俳優・稲垣吾郎(46)、女優・二階堂ふみ(26)が21日、都内で行われた映画「ばるぼら」(手塚眞監督)の公開記念舞台あいさつに登壇した。

手塚治虫の同名アダルト漫画が原作。異常性欲に悩む小説家・美倉洋介(稲垣)と、芸術家のミューズで自堕落な生活を送る謎の女・ばるぼら(二階堂)の不思議な交流や幻想世界を描く。

稲垣は、初共演となった二階堂について、「いつかご一緒したいと思っていた」と笑顔。続けて、「『ばるぼら』としてそのまま存在してくれた。最後まで役を全う出来たのは、二階堂さんのおかげ。僕にとっての“ミューズ”ですね」と感謝した。

二階堂も、「(稲垣は)物心付いたときからスター」と共演を喜び、「現場で学ばせていただくことが数多くあった。貴重な経験で、感謝の気持ちでいっぱい」と話した。

稲垣は主人公と、「社会的に知名度がある」という共通点を持つ。これまではマスク&帽子姿で“芸能人バレ”していたが、コロナ禍によって世間でもマスク着用が日常的になり、「不謹慎かもしれないけど、今まで行けなかったお店に行けるようになった」と笑みをこぼした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加