Sexy Zone、初ドームツアー開催への熱い思い 中島健人「応援し続けてくれたファンのみんなも褒めてあげたい」

Sexy Zone、初ドームツアー開催への熱い思い 中島健人「応援し続けてくれたファンのみんなも褒めてあげたい」

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/11/25

【モデルプレス=2022/11/25】Sexy Zoneが、28日発売の雑誌「AERA」12月5日増大号の表紙に登場。12月に開催される「セクシーゾーン ドームツアー2022 ザ・ハイライト」への思いを明かす。

No image

(写真 : 「AERA」12月5日増大号(11月28日発売)表紙:Sexy Zone(提供写真))

【関連記事】Sexy Zone、菊池風磨欠席で3人の生パフォーマンス 中島健人の“手”にも注目集まる

◆Sexy Zone、初ドームツアー開催への熱い思い語る

「ジャニーズにとってドームは特別な場所」と念願のドームに立つ思いを4人が明かす。菊池風磨は「一人一人の活躍がドームに結実した」と喜び。願い続けた夢の実現に、「応援し続けてくれたファンのみんなも褒めてあげたい」と中島健人。ドームでは「心を解放して熱い思いを届けたい」と佐藤勝利が言えば、松島聡は「会場が大きくなっても近くに行きたい」と語る。

デビューから11年、このドームツアーで「第2章」が始まるとも。新たなページを開く4人の「今」が詰まったインタビュー。表紙とグラビアの撮影はもちろん蜷川実花。セクシーを体現した写真の数々に注目だ。

◆W杯、話題のドラマ「silent」など特集

巻頭特集は「今すぐできる家計防衛」。物価高が足元に及ぶなか、どう家計を守ればいいのか、節約、貯金、投資について、初心者も今すぐできるノウハウをわかりやすく紹介。

歴史的勝利となったサッカーW杯のドイツ戦。世界ランキングでは上をいく相手に勝利した背景や歓喜の様子を現地取材でたっぷりお届け。いま話題のドラマ「silent」についても、なぜハマる人が続出するのか、その秘密を独自分析した記事を収録。

好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、川谷絵音をゲストに迎えた2回目。川谷の「曲づくり」をめぐる貴重な対談。ほかにもさまざまな企画が詰まった読み応えある一冊となっている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加