西武ドラ1・渡部は岸の前に空振り三振 「あれ、という感じで打ち取られた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/04/07

◇パ・リーグ 西武2―13楽天(2021年4月6日 メットライフD)

ドラフト1位・渡部(桐蔭横浜大)が「7番・DH」でスタメン出場。4日のソフトバンク戦に続く2試合連続アーチを狙ったが、楽天先発・岸を攻略することは出来なかった。

「全く歯が立たない、という感じではなかったのですが…」と渡部。2回2死での第1打席は四球を選んだが、先頭打者で迎えた5回は142キロの直球に空振り三振を喫した。

リーグを代表する右腕に4球連続で直球を投じられたが、捉えることはできず「あれ、という感じで打ち取られてしまった」。この日は2打数ノーヒットだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加