「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/06/23
No image

大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の勢いが止まらない。

現地時間6月22日、本拠地で行なわれたカンザスシティ・ロイヤルズ戦で「2番・投手兼DH」でスタメン出場した大谷は8回(108球)を投げ、被安打2、13奪三振、無失点の好投で6勝目を挙げた。打っては、3打数1安打、2四球を記録した。

【動画】メジャー自己最多の13奪三振! ガッツポーズも飛び出した大谷の投球シーンをチェック

21日の同カードで2本塁打、8打点と球場を沸かしたサムライ。この日はいきなり1、2番にヒットを許す立ち上がりも、初回を無失点で凌ぐと、2回以降は多彩な変化球で相手打者を翻弄した。6回に1番ウィット・メリフィールドを四球で歩かせるも、それ以外は出塁すら許さず、次々と三振の山を築いた。

前夜に続く躍動ぶりを見せた“二刀流スター”に現地メディアは熱狂している。米野球データサイト『Codify Baseball』は、「MLB史上初の快挙!」「非常識だ」と興奮ぎみに伝えると、エンジェルスのラジオ番組でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は、「個人の意見としては、ショウヘイは今までで最も印象的な2試合を行なった。これ以上にない驚きだ!」とコメントした。

まさに“空前絶後”の記録を打ち立てる大谷。そんなMLBを盛り上げる彼の活躍に引き続き注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷翔平の“まさかの勘違い”シーンが話題!審判にフレンドリーに挨拶を交わす姿に現地記者は爆笑「友達じゃないよ」

【関連記事】「全くもって憎ったらしい」土壇場で魅せた大谷翔平の“ノーノー破り”に元ドジャース戦士は皮肉!「彼も投手なのに」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加