アンサンブル・ヴァリエ  若き音楽家が奏でるショパン 〈町田市〉

アンサンブル・ヴァリエ 若き音楽家が奏でるショパン 〈町田市〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2021/10/14

作曲家の古曽志洋子が主宰する若い音楽家グループ、アンサンブル・ヴァリエは10月21日(木)、和光大学ポプリホール鶴川で気まぐれコンサートⅥを開く。午後2時開演(1時30分開場)。

出演は麻生千穂(ソプラノ)、水越美和(メゾソプラノ)、稲葉和歌子、塩塚美知子、土谷友理、滝まりな(いずれもピアノ)。企画構成と話しは水越美和と古曽志洋子が務める。演目は歌劇ノルマより「清らかな女神よ」(ベッリーニ)、エチュード作品25-7嬰ハ短調(ショパン)、子守歌作品57変ニ長調(ショパン)、「カディスの娘たち」(ヴィアルド=ガルシア)など10曲。「ショパンと親しく交流のあった歌姫ポリーヌ・ヴィアルド=ガルシアをご紹介。1時間ほどの楽しい音楽会です」と古曽志さん。換気等のコロナ対策は万全。マスク着用を。全席自由1000円。問合せ・申込みは【携帯電話】090・2165・4564古曽志さん

No image

タウンニュース町田版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加