松本明子 「厳しかった」アイドル時代の芸能界 礼儀を「ちゃんと教えて下さった」先輩人気歌手とは...

松本明子 「厳しかった」アイドル時代の芸能界 礼儀を「ちゃんと教えて下さった」先輩人気歌手とは...

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/01/16

タレントの松本明子(55)が15日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・00)に出演。芸能界で尊敬する先輩を挙げた。

No image

タレントの松本明子

徳光和夫ってどんな人?略歴、トリビアも!

松本はオーディション番組「スター誕生!」をきっかけに芸能界入り。アイドル“不作の83年組”と言われた1983年デビュー組で、デビュー曲「♂×♀=Kiss(オス・メス・キス)」はオリコンチャートで最高131位だった。

パーソナリティーの徳光和夫から当時のエピソードを聞かれると、「厳しかったです。その当時の芸能界は。今のように和気あいあいというんじゃなくて、アイドル同士ライバルだったりとか。そういう先輩後輩とか、楽屋の座り位置とかも、ちゃんと教えて下さったのは高田みづえさん」と大相撲の二所ノ関親方(元若嶋津)夫人で元歌手の高田みづえさんの名前を挙げた。

「高田みづえさんは私にね、『後輩は鏡前でも端の方、出口に近い方だし、奥から先輩なんだよ明子ちゃん』というのを、きちんと教えて下さったりとか。厳しい先輩でしたね、いい先輩」とし、尊敬する先輩という意味ではと聞かれても「高田みづえさん」と言い切った。

松本はまた「あと研ナオコさんにもお世話になりましたね」と告白。「本当に。いろいろ礼儀作法も教えてくださいましたし、本当に懐の温かい方で」としみじみと話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加