「コンビニエンス・ストーリー」成田凌の質問に三木聡が回答「困らせたら面白い」

「コンビニエンス・ストーリー」成田凌の質問に三木聡が回答「困らせたら面白い」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2022/08/06

コンビニエンス・ストーリー」の公開記念舞台挨拶が本日8月6日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの成田凌前田敦子、監督の三木聡が登壇した。

No image

「コンビニエンス・ストーリー」公開記念舞台挨拶の様子。左から前田敦子、成田凌、三木聡。

すべての画像・動画を見る(全12件)

No image

本作はコンビニが入り口の“ちょっとした異世界”で出会い恋に落ちる男女の物語。成田がスランプ中の脚本家・加藤、前田が不思議なコンビニ「リソーマート」で働く惠子を演じ、惠子の“束縛系変人夫”である南雲に六角精児が扮した。

No image
No image

デビュー前から三木作品のファンだったという成田は「三木さんに敬意を表し、付いて行くという意識が現場に漂っていました。それはそれは過酷でしたけど、幸せでした」としみじみと述べ、“三木ワールド”を感じた瞬間を問われると「脚本1ページ目から“三木ワールド”だと感じましたね」と回答する。前田は「三木監督の演出は三木監督でしかないもの。あまり覚えていないんです。夢見心地だったんだなと思います」と語った。

No image

三木は成田を「静の天才」、前田を「動の天才」と表現。「(成田は)日常からズレていく感じをつかんで演じてくれている。役者として見ていて面白かったですね」と言い、「(前田は)本質的なところにたどり着くのが早い」「世界レベルの才能」と賛辞を贈る。そして「違うタイプの才能がこの映画のメインに座ってくれている。監督として楽しかったですね」と思い返した。

三木は成田、前田、六角が本作の物語について現場で話しているのを聞いていたそうで「3人で映画にならない部分をイメージしている。うれしく思っていましたね」と伝える。これを受けた成田が「物語の奥に何があるんだろうと考えてましたね」と、前田が「たぶんこうかなというのは話していましたね」と回想すると、三木は「人間は意味がわからないものを不安に感じるんですよ。意味があると思っていたのに意味がないというスリラー。それがこの作品のテーマなんです」と明かした。

No image

イベント中盤には成田が「なんで自分なんだろう?ってお仕事をいただくときに思うんです。監督は僕を知ってくださっていたんですか?」と三木に質問をぶつける場面も。三木は「知ってましたよ」と答えてから「加藤は迷宮に迷い込むキャラなので、失礼な言い方だけどこいつが酷い目にあったら面白いんじゃないか?とイメージが湧くことがキャスティングするうえで大事」と説明する。続けて「(成田は)困らせたら面白いんじゃないかと思わせてくれる役者さんですよね。そういうイメージを与えてくれることは大事なんです」と話すと、成田は「うれしいですね」と笑みをこぼした。

No image

最後に三木は「既成概念抜きに自分なりの答えを見つけてもらいたいです。困ったら加藤に付いて行けば大丈夫。変な楽しみ方をしていただければと思います」と、前田は「異世界に旅行に行っている気分で観ていただければ楽しめると思います」と呼びかける。成田は「三木聡が大好きだな、映画は自由だなと思いました。すごく楽しんでいただける、最高のエンタテインメントになっていると思います」とアピールし、イベントの幕を引いた。

「コンビニエンス・ストーリー」は、全国で公開中。

(c)2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加