阪神・藤浪が八回をピシャリ 160キロ直球に150キロフォークを連発

阪神・藤浪が八回をピシャリ 160キロ直球に150キロフォークを連発

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/12
No image

8回に登板し力投する藤浪(撮影・西岡正)

「日本ハム-阪神」(10日、札幌ドーム)

阪神の藤浪晋太郎投手が2点リードの八回から登板。2三振を奪うなどパーフェクトピッチでセットアッパーの役割を果たした。

先頭の代打・平沼、浅間を立て続けに三振に仕留めた藤浪。2死から西川の初球に160キロを計測して札幌ドームはどよめきに包まれた。さらにカウント2ストライクから150キロフォークを連発。最後は146キロの変化球で二ゴロに仕留め、鮮やかにスコアボードにゼロを刻んだ。

リリーフ転向後はこれで3試合連続無失点。先発時に露呈していた不安定なイメージを払しょくするピッチングを見せている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加