インテル、2点を先行されるも...トリノに4-2逆転勝利!ルカクの2得点など後半4得点

インテル、2点を先行されるも...トリノに4-2逆転勝利!ルカクの2得点など後半4得点

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/23
No image

【写真:Getty Images】

【インテル 4-2 トリノ セリエA第8節】

イタリア・セリエA第8節、インテル対トリノが現地時間 22日に行われた。ホームのインテルが4-2の勝利を収めた。

8位インテルはホームに17位トリノを迎え撃った。インテルでは、ルカクやサンチェス、ハキミやヤングなどがスタメンに名を連ねた。

0-0のまま前半終了かと思われたATにインテルが失点。トリノはペナルティエリア手前からのパス交換でインテル守備陣を崩すと、マイテがザザに華麗なヒールパス。ザザは落ち着いてゴールネットを揺らした。

同点に追いつきたいインテルだったが、ヤングのファールでPKを献上。このPKをアンサルディが決め、トリノがリードを2点に広げる。しかし、インテルが1点を返す。ルカクのシュートはクロスバーに直撃も、こぼれ球となりゴール前で混戦に。最後はサンチェスが押し込んで、ゴールネットを揺らした。

1点を返したインテルが振り出しに戻す。67分、マルティネスのパスに反応したサンチェスがペナルティエリア右にドリブルで侵入。サンチェスはファーサイドのルカクへ速いグラウンダーのパス。ルカクはダイレクトで合わせ、インテルが同点に追いついた。

2-2の同点で迎えた81分、ハキミがPKを獲得。このPKをルカクが決め、インテルが終盤に逆転に成功した。続く90分、ルカクの左サイドからのボールにマルティネスがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らす。試合はこのまま終了し、インテルが4-2の勝利を収めた。

【得点者】
45+2分 0-1 ザザ(トリノ)
62分 0-2 アンサルディ(トリノ)
64分 1-2 サンチェス(インテル)
67分 2-2 ルカク(インテル)
84分 3-2 ルカク(インテル)
90分 4-2 マルティネス(インテル)

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加