綿引さん岡江さん「夫婦」旅立つ/天までとどけメモ

綿引さん岡江さん「夫婦」旅立つ/天までとどけメモ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/14
No image

綿引勝彦さん(2015年1月14日)

TBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズなどに出演した俳優綿引勝彦さんが、膵臓(すいぞう)がんのため昨年12月30日に亡くなっていたことが13日、分かった。綿引さんの所属事務所が発表した。75歳だった。

葬儀は近親者のみで執り行い、喪主は妻で女優の樫山文枝が務めたという。

同事務所によると、綿引さんは18年8月に膵臓(すいぞう)内の、のう胞(のうほう)を取り除く手術を行ったが、その際に進行性のがん細胞を発見。19年12月に肺への転移が認められ、昨年2月から本格的な化学療法を始めていたという。

副作用に耐えながらも寛解には至らず、同11月からは積極的な治療を中止。自宅で穏やかに療養を続けていたが、12月25日に体調が急変し、眠りについたまま息を引き取ったという。

綿引さんは1945年12月23日生まれ。日大芸術学部を中退後の65年、劇団民藝に入団した。85年に退団後は映画、ドラマに多数出演。映画は「極道の妻たち」「しゃぼん玉」、ドラマは「鬼平犯科帳」「ナニワ金融道」などに出演した。「天までとどけ」では、昨春に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した岡江久美子さん(享年63)とも10年にわたって夫婦役で共演していた。

◆ドラマ「天までとどけ」◆ TBS系で午後1時台に放送された「昼ドラ」。15人の大家族の悲喜こもごもを描くホームドラマで、91~99年の間で8シリーズが制作される人気ドラマとなった。8男5女の子どもたちを育てる専業主婦・丸山定子を岡江久美子さん、一家の大黒柱である父・雄平を綿引さんが演じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加