オリックス田嶋23日先発「やるべきことしっかり」

オリックス田嶋23日先発「やるべきことしっかり」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/23
No image

23日ロッテ戦へむけ調整するオリックス田嶋(撮影・渦原淳)

オリックス田嶋大樹投手(24)が、主力組の対外試合今季初戦となる23日ロッテ戦(宮崎SOKKENスタジアム)に先発する。チームはロッテに昨季、5勝18敗1分けと大きく負け越し。ロッテ戦の借金13とソフトバンク戦の借金12が響いて、45勝68敗7分けの最下位と低迷した。天敵との実戦を前に、田嶋は「昨年は昨年で今年は今年。今年のチームでやるべきことをしっかりやれば。(投球の組み立ては)相手の打者を見て、その日決めます」と語った。

田嶋は17日の紅白戦で、2番手で2回を1安打無失点。中嶋監督が「ボールがよかった」と認めた内容で、成長株の太田に二塁打を許すも、吉田正は左飛に抑えた。打者7人に対し26球で投げ終え「しっかりゾーンで勝負して球数少なく終われたのが一番よかったですし、やっぱり3ボールになることがあったので、その確率をできるだけ下げれば球数少なく完投ペースで行けるんじゃないかと思います。そういったところを意識して次の試合、やっていければ」と、シーズンを見据えた課題をロッテ戦で試す。

昨年は1年を通じて先発ローテーションを守り、左腕不足というチームの長年の課題を克服する存在になった。20年4勝6敗から飛躍を狙う24歳が、21年の先陣を切る。【堀まどか】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加