楽天が集中打で大勝、岸は連勝 西武連勝5で止まる

楽天が集中打で大勝、岸は連勝 西武連勝5で止まる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/06
No image

6回、力投する楽天先発の岸(撮影・滝沢徹郎)

<西武2-13楽天>◇6日◇メットライフドーム

西武は1点を追う2回、4番中村が2号同点ソロを放った。楽天は3回、茂木の3号ソロで1点勝ち越しに成功した。

楽天は5回、島内が1号2ランを放った。6回には下妻、辰己、島内、鈴木大らの適時打で、この回だけで7点奪う猛攻を仕掛けた。

13安打13得点で打線爆発の楽天が2試合ぶりに勝利を収めた。6回2失点の先発岸が2勝目。敗れた西武は引き分けをはさんだ連勝が、5でストップした。先発松本は初黒星。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加