21年新車販売台数、トヨタのヤリス初首位 N-BOXはV5ならず

21年新車販売台数、トヨタのヤリス初首位 N-BOXはV5ならず

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/01/15
No image

"トヨタ自動車の「ヤリス」"

2021年の新車販売台数は、トヨタ自動車が20年に発売した小型車の「ヤリス」が、初めてトップになった。ホンダの軽自動車「N―BOX」は2位で、半導体不足による減産の影響もあり、5年連続の首位はならなかった。

トヨタの世界販売台数、2年連続首位 半導体確保の強さでVW上回る

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が、車種別の台数を発表した。ヤリスやトヨタの小型ワゴン「ルーミー」など、小さめの乗用車が上位に入った。N―BOXのほか、スズキ「スペーシア」、ダイハツ工業「タント」などベスト10のうち5車種を軽自動車が占めた。(福田直之)

■2021年の新車販売台数

(1)ヤリス トヨタ自動車 21万2927台

(2)N-BOX(軽) ホンダ 18万8940台

(3)ルーミー トヨタ自動車 13万4801台

(4)スペーシア(軽) スズキ 12万8881台

(5)タント(軽) ダイハツ工業 11万6912台

(6)カローラ トヨタ自動車 11万865台

(7)ムーヴ(軽) ダイハツ工業 9万5840台

(8)アルファード トヨタ自動車 9万5049台

(9)ノート 日産自動車 9万177台

(10)ルークス(軽) 日産自動車 8万4748台

※(軽)は軽自動車

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加