ラグビー近鉄14選手とスタッフ7人退団 豪代表ゲニア、クーパー残留予定

ラグビー近鉄14選手とスタッフ7人退団 豪代表ゲニア、クーパー残留予定

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

有水剛志ヘッドコーチ(2017年8月1日撮影)

ラグビー、トップチャレンジリーグ(トップリーグ2部相当)の近鉄は2日、すでに現役引退を表明している元日本代表SO正面健司(38)やロックのマイケル・ストーバーク(29)ら14選手、有水剛志ヘッドコーチ(47)らスタッフ7人の退団を発表した。

関係者によるとオーストラリア代表110キャップのSHウィル・ゲニア(33)、同70キャップのSOクエイド・クーパー(33)は来季も残留予定。22年1月からは新リーグが開幕予定となっており、活動規模の縮小ではないという。

今季はトップチャレンジリーグ2位通過を飾り、トップリーグのプレーオフトーナメントでは1回戦を突破。4月25日の2回戦でパナソニックに7-54で敗れ、今季日程を終えていた。

退団する14選手は以下の通り。

◆プロップ 長江有祐、石井智亮

◆フッカー 高島卓久馬、中村彰

◆ロック 山口浩平、マイケル・ストーバーク

◆ロック・フランカー ミロ・デビッド

◆フランカー 萩原寿哉

◆SH ライアン・ローレンス、住吉藍好

◆CTB タウモエペアウ・シリベヌシィ、パスカル・ダン

◆SO・FB 正面健司

◆FB アンドリース・クッツェー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加