吉岡里帆の表情一変、パワフルな「うっま!!」出た

吉岡里帆の表情一変、パワフルな「うっま!!」出た

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2020/09/17

女優の吉岡里帆(27歳)が、江崎グリコのフローズンスムージーパピコ「パピベジ」の新テレビCMに起用され、9月16日より首都圏にて、「パピベジ実感」篇の放映がスタートした。

No image

その他の大きな画像はこちら

「パピベジ」は、デザート感覚でおいしく1日不足分の野菜62g相当が摂れるフローズンスムージー。今回のCMは、吉岡が「パピベジ」を初体験した時の様子を、コミカルかつチャーミングに描いたストーリーを通じて、「予想以上においしい!ヘルシー!スムージー!」という商品メッセージを印象的に表現した。

一番の見どころは、最初は「野菜のアイス?」「そんなのおいしいわけ…」「そんなに野菜入ってないでしょ…」などと、「パピベジ」のことをすっかりあなどっていた吉岡の表情が一変するシーン。ひと口食べた瞬間、そして、パッケージ裏の表記を見た直後に見せる、インパクト抜群のリアクションに注目だ。

今回のCMについて吉岡は「『うっま!!』という言い方のバリエーションをたくさん撮りました。とにかく見てくださる方に笑っていただけたらという思いで臨みましたが、その中にいくつか、『これ放送して大丈夫かな』みたいなテンションのものがあったかなと(笑)。セレクトは監督にお任せしたので、私も完成したCMを見るのを楽しみにしています」とコメント。ちなみにこの「うっま!!」、「セリフに感情を込めてほしい」という監督の指示を受けた吉岡が、「強めな感じでも大丈夫ですか?」と提案して臨んだシーンだという。結果、かなりパワフルな「うっま!!」が採用されている。また、「パピベジ」にちなみ、“お気に入りの野菜”を聞かれると、「トマトが大好きで、実家でも育てていました。最近、ひとり暮らしの家でも、ちょっとした家庭菜園を始めて、トマトはもちろん、それ以外にも紫ししとう、ホワイトパプリカ、山椒を育てています。料理にも入れますし、やっぱり野菜をしっかり食べている時の方が体調がいいので、普段から意識的に摂るようにしています」と明かした。そしてCMの視聴者に「『パピベジ』を今回、私もすごく新鮮な気持ちでいただいたんですが、本当に食べやすくて、すっきりとした味わいなので、疲れた時はもちろん、夜のカロリーをちょっと抑えたいなという時にもいいと思いました。お子さんやいろんな世代の方が、体のことも気にしながら、おいしく楽しく食べていただけるアイスだと思います。ぜひご賞味あれ!」とメッセージを送った。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加