東京都が新たな地下鉄“東京駅~有明” 2040年の開業目指し計画

東京都が新たな地下鉄“東京駅~有明” 2040年の開業目指し計画

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/11/27
No image

東京都が東京駅と有明などの臨海部を結ぶ新たな地下鉄の路線を2040年までの開業を目指して計画していることが分かりました。

都によりますと、新たな地下鉄の路線は東京駅から銀座、築地、勝どき、晴海、豊洲市場、有明までの7駅・およそ6.1キロを10分で結ぶ計画で、2040年までの開業を目指しています。

総事業費は4200億円から5100億円を試算していて、開業から30年以内の黒字化を見込んでいます。

臨海部では東京五輪の選手村跡地で住宅が大規模に供給されることなどから、人口増加が想定されています。

将来的にはJR東日本が計画する「羽田空港アクセス線」との接続も検討しているということです。

長野拳銃発砲 娘と息子失った男性「被害者・遺族に寄り添ってほしい」犯罪被害者週間

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加