神戸国際大付が逆転勝ちで決勝進出 1年生右腕・高松が4回無安打投球で火消し

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/05

「春季高校野球兵庫大会・準決勝、神戸国際大付9-4東洋大姫路」(4日、姫路ウインク球場)

今春のセンバツに出場した神戸国際大付は、逆転で決勝進出を決めた。

初回、東洋大姫路の1番・横道大智内野手(3年)の左翼フェンス直撃二塁打をきっかけに3点の先制を許す展開。二回に同点としたが、四回にはスクイズで1点リードされた。

逆転劇は五回。1死一塁から、阪上翔也外野手(3年)の右越え適時三塁打で同点。さらに1死一、三塁から武本琉聖内野手(3年)がスクイズを決めて勝ち越しに成功した。

投げては1年生右腕・高松成毅投手が、3回戦、準々決勝に続いて六回から登板。力強い直球と縦気味に切れるスライダーを軸に一人の走者も許さず4回無安打投球を披露した。打者としても六回に中前打を放ち、投打でセンスを光らせた。

「これからどれだけ伸びるか。この時期に力を出せる選手は中心になっていく。第1段階はクリアですかね」と青木尚龍監督は1年生投手の未来に期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加