【W杯】ドイツDFが「日本人選手を嘲弄して物議」 奇妙な行為に韓国注目「ダチョウの真似」

【W杯】ドイツDFが「日本人選手を嘲弄して物議」 奇妙な行為に韓国注目「ダチョウの真似」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/11/25
No image

ドイツ代表DFアントニオ・リュディガー【写真:ロイター】

ドイツ代表DFリュディガーと日本代表FW浅野のマッチアップが話題に

日本代表は現地時間11月23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の初戦でドイツ代表と対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがFW浅野拓磨との競り合いで見せた行為が「ダチョウの真似」と評され、「日本人選手を嘲弄して物議」と韓国紙「朝鮮日報」が伝えている。

試合は前半31分、MFイルカイ・ギュンドアンにPKを決められて失点。しかし後半30分にMF堂安律、同38分に浅野がゴールを決めて、日本が2-1と逆転勝利した。

注目を浴びているのは、浅野と相手DFリュディガーが球際でマッチアップした場面だ。右サイドから縦に出されたボールに浅野が反応し、リュディガーが併走しながら対応。余裕を持って寄せたリュディガーは両足を高く上げる奇妙なステップを見せ、浅野の突破を阻止していた。

記事では「試合中にダチョウの真似をしたドイツのリュディガー…日本人選手を嘲弄して物議」と注目。「世界最高水準の技量を誇ると評されるドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(レアル・マドリード)がカタールW杯の日本戦で相手を嘲弄するような行動をして物議を醸している」と記している。

球際の場面について「日本のFW浅野拓磨とスピード競争を繰り広げた」と描写。そのうえで「リュディガーは、ダチョウのように歩幅を広げ、両足を交互に高く上げて滑稽な感じで走った」と説明を加えている。

この行為について賛否があることを紹介し、「リュディガーが相手より早く反応し、ボールに対応できることを明確にしたとの見方もあるが、一部ではリュディガーが浅野を嘲笑したという分析もある。 自分がより優れていることを滑稽な身振りで誇示し、浅野の意志を挫こうとしたということだ」と総括していた。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加