あっ! ラッキー公園があらわれた! 福島県内4か所に遊具が寄贈

あっ! ラッキー公園があらわれた! 福島県内4か所に遊具が寄贈

  • KAI-YOU.net
  • 更新日:2021/10/18
No image

ポケモン社は福島県の活性化を目的に、「ふくしま応援ポケモン」のラッキーをメインにデザインした公園遊具を、福島県4市町村(郡山市・浪江町・柳津町・昭和村)に寄贈する。

【画像をもっと見る】

遊具設置後は、各市町村に「ラッキー公園」が開園。第1園目は、浪江町の「道の駅なみえ」に2021年12月にオープン予定となっている。

10月14日には公園の開園に先立ち、福島県知事と寄贈先4市町村長が参加し、福島県庁にて「ラッキー公園寄贈式」も実施された。

No image

ラッキー公園寄贈式

ベロリンガ・ピィ・ププリン・ピンプクらの姿も

No image

幸せ(福)を運び、タマゴを持っていることから「美味しく栄養がたっぷりな農産物を通じて県内外へ幸せを運ぶ」ふくしま応援ポケモンに選出

ポケモン社と福島県は、2019年2月に、観光振興や県産品の消費拡大、東日本大震災等からの復興についての連携協定を締結。ラッキーを「ふくしま応援ポケモン」に任命しており、それ以降、様々な取り組みを通じて、県内の活性化を図っている。

今回の寄贈は、ポケモン社による、子どもとポケモンのより多くの接点を創出することを目標としたプロジェクト「My First Pokémon プロジェクト」の一環として行われる。

ラッキーをメインに、親和性があり、子どもが親しみを持てるようなポケモンたちが公園遊具のモチーフとして選出。イメージ画像ではベロリンガ・ピィ・ププリン・ピンプク・チェリム(ポジフォルム)などが確認できる。

また「ラッキー公園」の開園に伴い、アプリ『Pokémon GO』でも楽しめる取り組みも検討しているという。2園目以降は、2022年春以降の開園予定のため、順次発表される。

◆寄贈先市町村・寄贈内容福島県内4市町村(郡山市・浪江町・柳津町・昭和村)に公園遊具を寄贈します。郡山市・浪江町・柳津町へは、特大ラッキー複合遊具を含む遊具6点と周辺設備を寄贈。昭和村へは、ラッキー複合遊具1点と周辺設備を寄贈いたします。昭和村では唯一となる公園遊具の設置となります。※昭和村の複合遊具は、郡山市など3市町に寄贈する遊具とは異なるものです。

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加