笠井アナ、暑い日に思い出す入院後のこと「あの頃は日向を探して散歩してました」

笠井アナ、暑い日に思い出す入院後のこと「あの頃は日向を探して散歩してました」

  • アメーバニュース
  • 更新日:2021/07/22
No image

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が21日に自身のアメブロを更新。暑い日に思い出すことを明かした。

笠井アナは、2019年12月に悪性リンパ腫にかかったことを告白。入院生活を送りながら抗がん剤治療を受けてきたが、2020年4月30日に退院、5月16日には仕事復帰を報告していた。

この日、笠井アナは「超暑かった!ので思いだしたコト」というタイトルでブログを更新。「とてつもなく暑かったですね」と切り出し、青空の写真を公開した。

続けて「今は日陰を探して歩いている状況です」と述べ「でも4ヶ月半入院したあとの、太陽の日差しのありがたさは今でも忘れられません」「あの頃は日向を探して散歩してました」と当時を回想。最後に「その気持ち そして皆さんに心配していただいた気持ちも忘れちゃいけませんね」とつづり、ブログを締めくくった。

(著者:Ameba編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加