「大の字」になって倒れ込んだ田中碧。ありったけの力で、全身全霊で戦い抜いた【厳選フォトコラム】

「大の字」になって倒れ込んだ田中碧。ありったけの力で、全身全霊で戦い抜いた【厳選フォトコラム】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/10/14
No image

8分、南野のお膳立てから先制点をゲット。正確なトラップとシュート。高い技術が凝縮された代表初ゴールだった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

No image

タイムアップと同時に、まさに「大の字」になってピッチに倒れ込んだ田中。攻守の両局面で存在感を示し、チームの勝利に大きく貢献した。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

文字通り、「大の字」だった。

埼玉スタジアム2002で行なわれたオーストラリア戦、日本は2-1で勝った。先制して、同点に追いつかれて、相手のオウンゴールで勝ち越す。ギリギリの勝負で競り勝つ。そんな勝利だった。

得点力不足に悩む森保ジャパンが、開始8分で先制点を奪う。決めたのは、この試合が代表初先発の田中碧選手。これが代表初得点。そういえば、フロンターレのデビュー戦でも、田中選手はJ初ゴールを決めている。“持っている”選手だ。

攻撃でも守備でも、ハードワークをこなしていた。年上で経験ある選手にも、臆せず指示を飛ばす。ワールドカップ出場がかかる最終予選。負けられない強豪オーストラリアとのホームゲーム。そんな大事な試合でスタメンに抜擢された。緊張していたのかもしれないけど、それを微塵も感じさせない堂々としたパフォーマンスだった。
死力を尽くす。全力を出し切る。そうでもしなければ、あんな風にピッチの上に寝転ぶことはできない。ガソリンがなくなっても、走り続けた。あと一歩、もう一歩。まだ動ける。まだまだ戦える――。

そしてタイムアップ。「大の字」になった田中選手は、秋の夜空を見つめながら、何を思っていたのだろうか。

写真・文●金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

【PHOTO】埼玉スタジアムに駆けつけ、選手を後押しする日本代表サポーター!

【PHOTO】スタメン抜擢でいきなりゴール!窮地の日本を救った田中碧を特集!

【PHOTO】オーストラリア撃破にはじける笑顔!試合後の日本代表戦士を大特集!

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 2-1オーストラリア|浅野がOG誘発で勝ち越し!一時同点に迫られるも宿敵オーストラリアから勝点3もぎ取る!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加