30周年節目のJリーグ、チェアマンが掲げた2つの“成長テーマ”とは? 「子供たちに向けて魅力的なものを作っていかなければ」

30周年節目のJリーグ、チェアマンが掲げた2つの“成長テーマ”とは? 「子供たちに向けて魅力的なものを作っていかなければ」

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2023/01/25
No image

Jリーグ30周年オープニングイベントが開催【写真:(C) Jリーグ】

2023年は全国へ向けたサッカー番組発足、スペシャルマッチなどを計画中

Jリーグは1月25日、発足30周年を記念してメディア向けに「Jリーグ30周年オープニングイベント」を開催した。Jリーグチェアマンの野々村芳和氏をはじめ、元日本代表の内田篤人氏や中村憲剛氏、昨シーズン限りで現役引退したばかりの槙野智章氏ら豪華メンバーが登壇。記念すべき節目を迎えたJリーグの未来や、今年のコンセプトなどを話し合っている。

野々村チェアマン、内田氏や中村氏、槙野氏に加えサッカー解説者の松木安太郎さん、さらには当初出演予定だった朝日奈央さんに代わり女優の観月ありささんがイベントに登壇した。

まず登場した野々村チェアマンは、Jリーグの「30周年プロジェクト」をプレゼン。最も大事と掲げた成長テーマとして「60クラブがそれぞれ地域で輝く」「トップ層がナショナルコンテンツとして輝く」という2つを挙げた。

「30年経った今、Jリーグが本当に目指したい姿に近づいてきているのかなと思います。我々は今の子供たちに向けて、魅力的なものを作っていかなければならないと思っています」

野々村チェアマンは自身の考えるJリーグサッカーへの持論を語り、地域、そしてこれから世界へ羽ばたくリーグへの思いを馳せている。

「僕は、よく『サッカーは作品だ』という話をしますが、ピッチ上のクオリティーが1つ、そしてもう『あのスタジアムに行きたいな』と思わせるスペックがある。そして集まって下さるサポーター・ファンの皆様の熱量という3つが合わさって作品だと思っています」

その後、今年予定しているイベントや予定を公表。4月より、全国で放送するサッカー番組「KICK OFF」の開始を予定しているという。また、5月12日、14日に開催するJリーグの試合を「30周年記念スペシャルマッチ」として開催することを明かした。

なかでもJ1リーグ第13節FC東京対川崎フロンターレと鹿島アントラーズ対名古屋グランパスの2試合に関しては、国立競技場での開催を予定している。また、5月15日のJリーグの日には、記念イベントも開催予定だという。

さらに7月にはサマーブレイクあたりで、「明治安田生命ワールドチャレンジ」の開催を企画。海外クラブとの試合を組む予定で、現在調整中としている。

野々村チェアマンは、30周年のコンセプトワードとして「よっしゃ いこ!」を掲げた。「サッカーの中ではありふれた言葉なのかもしれないけれども、この言葉はサッカーを表す一番いいワードなのかなと。そんな思いを持ちながら、これからも進んでいきたいと思います」と、テーマに沿った成長を目指すと気概を新たにしている。

節目にさまざまな変化をしようとしているJリーグ。開幕を2月に控えたなか、進化が楽しみな1年になりそうだ。(FOOTBALL ZONE編集部)

FOOTBALL ZONE編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加