「日本沈没2020」アヌシー映画祭TV部門に選出、「こにぎりくん」も候補に

「日本沈没2020」アヌシー映画祭TV部門に選出、「こにぎりくん」も候補に

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/04/08

湯浅政明が監督を務めたNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」の第1話「オワリノハジマリ」が、アヌシー国際アニメーション映画祭2021のテレビ部門コンペティション作品にノミネートされた。

No image

「日本沈没2020」メインビジュアル

すべての画像を見る(全3件)

No image

小松左京の小説「日本沈没」をアレンジした本作では、大地震が起こった2020年の日本を舞台に、中学生の武藤歩とその家族が懸命に生き抜こうとするさまが描かれる。歩役の上田麗奈のほか、村中知佐々木優子てらそままさきがキャストに名を連ねた。Netflixで独占配信中のほか、テレビシリーズ版、劇場版のBlu-rayも販売中だ。

フランス現地時間6月14日から19日にかけて開催予定のアヌシー国際アニメーション映画祭2021。湯浅は自身が手がけた作品がこれまで同映画祭で4度ノミネートされており、2017年には「夜明け告げるルーのうた」で長編部門の最高賞にあたるクリスタル賞を受賞している。テレビ部門のコンペティションには本作に加えて、日本から宮澤真理によるストップモーションアニメ「こにぎりくん えんそうかい」がノミネートされた。そのほか、委託作品部門で水江未来の「悲しみの子供たち」、卒業制作部門でふるかわはらももかの「かたのあと」などが上映される。

(c)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加