デンバ・バ、ユナイテッドのスタッフ入りの可能性があった! ラングニックから誘い

デンバ・バ、ユナイテッドのスタッフ入りの可能性があった! ラングニックから誘い

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/08/06
No image

元セネガル代表FWのデンバ・バ氏が、以前マンチェスター・ユナイテッドの監督を務めたラルフ・ラングニック氏から誘いがあったことを明らかにした。

【動画】【プレミアリーグ殿堂入り】ウェイン・ルーニーのキャリア

チェルシーやニューカッスル、ホッフェンハイムやウェストハムなど、ヨーロッパの4大リーグのクラブでプレーしてきたデンバ・バ氏。そのほか、トルコやベルギー、中国も渡り歩き、昨年8月にスイスのルガーノで現役を引退している。

引退直後のある取材でスポーツ・ディレクター職に関心を示していたデンバ・バ氏は、ホッフェンハイム時代の師弟関係で、当時はロコモティフ・モスクワでスポーツおよび開発部門の責任者を務めていたラングニック氏を師事したいとコメント。その後、すぐにラングニック氏がユナイテッドの監督に就任したため、その希望は叶わなかった。

だが、そのラングニック氏からチームスタッフへの誘いがあったという。プレミアリーグをよく知るデンバ・バ氏は選手との橋渡し役として期待されていたようだ。イギリス『i』の取材で明らかにした。

「ラルフが就任したとき、彼は私に電話をかけてきて、スタッフとして迎えたいと言ったんだ。『プレミアリーグを知り、選手を知り、彼らに近い経歴を持ち、英語とドイツ語を話す。チームと私のスタッフの橋渡し役になってくれ』とね」

「彼にとって私は完璧な人材だったんだろう。私もまた、彼をサポートしたかった。6カ月の契約だったが、ビザが下りず、実現しなかった」

「私にとってそれは後悔ではない。経験を積むことは常に有意義なことであり、私は変わらず一生懸命に努めている。今までにも増してね」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加